top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

郷ひろみの都市伝説「名古屋駅は出禁」「切符買えない」最初の芸名は「レツゴーひろみ」

SmartFLASH

 当時は人気がありすぎて、ファンが殺到して危険なため、新幹線で名古屋に移動する際は「絶対に名古屋では降ろさない」と駅から言われたという。

 

 名古屋でコンサートがあったときは、新幹線「こだま」で豊橋など手前の駅で降りて、タクシーで移動した。「何年かは名古屋で降りられなかった」と明かした。

 

 また、コンサート会場からタクシーで出たとき、ファンに気づかれて囲まれて、「(車が)浮いて動いてるんですよ。怖い」と車ごと持ち上げられたこともあった。

広告の後にも続きます

 

 郷のスタッフから「(郷は)15歳でデビューしているので地下鉄の乗り換えなどをしたことがない。切符の買い方も知らない」との情報が寄せられると、郷はその話を認めていた。

 

 郷の都市伝説にSNSではさまざまな意見が寄せられた。

 

《郷ひろみさん回。都市伝説全部本当なのも笑った!》

 

《名古屋駅出禁の話… 懐かしい(笑) 昔も今も過激なファンは居たけど…》

 

《人気すぎて安全のために名古屋駅出禁になる郷ひろみ面白すぎる》

 

「同番組で郷さんは、1981年のヒット曲『お嫁サンバ』の『1、2、3バ 2、2、3バ』の歌詞に『それはないだろう』と思い、当時の音楽プロデューサー酒井政利氏に相談。『この歌を明るく歌えるのはあなたしかいないんです』と説得され、『自分なりに納得して解釈してでき上がった』と語っていました。

 

 その経験があって、『GOLDFINGER’99』の『ア・チ・チ』の詞に『これはすごいな。瞬間にこれはいい』と受け入れられたことを話していました」(芸能ライター)

 

 コンサートをすればステージにルイ・ヴィトンのバッグが飛んできたという郷ひろみ。もはや生きる都市伝説だ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル