top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「世界記録で金メダル」有言実行の水泳・山口尚秀が見せた心の成長

パラサポWEB

水泳男子100m平泳ぎ(SB14/知的障がい)の世界記録保持者・山口尚秀が、8月29日、東京2020パラリンピックの舞台で有言実行の金メダルを獲得した。フィニッシュ後、電光掲示板を見つめるきょとんとした顔には、かすかに笑みがにじんだ。

「あ、金メダル取れた、(1分)3秒台を出せたぁ、と思いました」(山口)

記録は1分3秒77。自身が5月に出した世界記録を0秒23更新しての優勝だ。競り合った2位のジェーク・マイケル(オーストラリア)から祝福を受けて、ようやく大きな笑みが広がった。

100m平泳ぎで優勝し、2位のマイケル(右)と健闘をたたえ合う山口(左)
photo by kyodo

決勝はいつもより5m手前でエンジン全開!

大会前、「東京パラでは1分3秒台。世界記録で金メダルを取りたい」と話していた20歳の山口。25日の100mバタフライは4位とわずかにメダルが届かずも、すぐに本命の平泳ぎへ気持ちを切り替えた。

予選は、立ち上がりから抜け出し、50mを30秒04で折り返す。フィニッシュでは、「ライバル」と話す同組2位のスコット・クイン(イギリス)に大きな差をつける1分4秒45のパラリンピックレコードを出し、「まずはホッとした気持ち。大きなストロークで焦らないように泳ぎました」とレースを振り返った。

広告の後にも続きます

そして、迎えた決勝。両胸を交互に叩いて気合を入れた山口の右隣には、全体3位のクイン、左隣には全体2位のマイケルが並んだ。

スタートの合図が響き、立ち上がりからリードしたのは山口だ。上体を大きく浮き出すダイナミックな泳ぎで、50m地点を29秒22で通過。2019年の世界選手権で世界記録を出したときよりコンマ57秒速い。「(予選とは違い)記録を狙って最初からピッチを上げていったんです」と山口。

そして圧巻が後半だ。折り返しでマイケルがコンマ1秒差で追うが、「いつもならラスト15mでかけるラストの追い上げを今回は20mでエンジンをかけた」という山口は、徐々に差を広げる。最後はマイケルに約0.5秒差をつけて、歴史的快挙を成し遂げた。

決勝で力泳する山口
photo by Takashi Okui

本格練習開始から4年で金メダリストに

レース後、「自身が保持している世界記録の更新、ならびに金メダルを獲得したということで、2つの課題を達成できたのでよかったと思っています」と丁寧に話した山口。振り返れば、駆け足での世界制覇だった。

3歳で知的障がいをともなう自閉症と診断され、祖父母とともに歩行浴で水に親しんだ山口は、高校1年時の2017年から本格的に水泳を始めた。メキメキと力をつけた山口は、2019年2月に国際デビューを果たすと、同年9月の世界選手権で鮮烈な世界制覇を遂げる。1分4秒95の世界新記録を叩き出し、東京パラリンピック代表にも内定した。

山口が早駆けで偉業を達成できた理由は、185㎝の恵まれた体格にある。足のサイズも30㎝と大きく、水をしっかりとつかみ、力強く押し出す。加えて昨年秋からは、ウエイトトレーニングで体重を増やし、より高い出力を出せる体づくりにも励んできた。

水泳仲間との交流が自分を成長させた

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル