top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

無意識にしてないですか…?妻がうんざりする【夫の束縛言動】4つ

恋愛jp


他人から束縛されると、誰でも嫌気がさすものです。 たとえ夫婦の関係でも、束縛されると一気に愛情が冷めてしまうもの。 今回は、妻がうんざりする夫の束縛言動を4つまとめてみました!

(1)スマホにGPSアプリを入れる

つねに夫から監視されると、妻は気持ちが滅入ってしまいます。 ストーカーや出待ちだけではなく、スマホにGPSアプリを入れるよう強制するのは、もはや危険区域です。 妻を自分の手元に安心して置きたい気持ちはわかりますが、妻を信頼する気持ちが1mmでも残っているなら、GPSをつけるのはやめましょう。

(2)厳しい門限を設定する

子どもの安全を考えて、門限を決める家庭は多いです。 夫婦の間でも、門限とまではいかなくても「遅くなる場合は連絡する」「金曜日は仕事で遅くなる」などルールを決めるでしょう。 中には、自分が帰る時間にかならず妻がいるように、厳しい門限を設定する夫がいます。 そんな夫に妻は、「子どもじゃないのになんで門限があるの?」とうんざりするようです。

(3)外出する時1時間置きに連絡を入れさせる

妻が外出すると、妻の浮気を心配するあまり、逐一連絡を求める夫がいます。 帰宅時間を伝える程度ならまだしも、1時間置きに「〇〇にいます」「〇〇で友人といます」など今の状況を連絡させるのは、まさに束縛夫の特徴です。 妻のせっかくのリフレッシュタイムなのに、夫への連絡で一気に現実へ引き戻されるので あまり楽しめません。

(4)同窓会に行かせない

よくドラマで、「同窓会で初恋の人と再会したのがきっかけで……」という不倫ストーリーがあります。 妻に不倫されるのが怖い夫は、妻を同窓会に行かせません。 行かせたくない気持ちはわかりますが、最終的に決めるのは妻なので、「行きたい」と言われれば快く送り出すようにしましょう。 夫の束縛言動は、度がすぎると立派なモラハラとして離婚の材料になります。 その時はよかったとしても、後々不利に働くことになるので、もし心あたりがある方は早急に見直しましょう。 (恋愛jp編集部)

TOPICS

ランキング

ジャンル