top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

相次ぐ“女性メダリスト蔑視”発言 河村&張本両氏の謝罪に批判、プロの見解は?

オトナンサー


謝罪文を読み上げる河村たかし市長(2021年8月、時事)

【写真】金メダルをかんだ河村たかし市長と後藤希友選手

 自治体の責任者や著名人が相次いで、東京五輪の女性メダリストを蔑視したと受け取れる発言をしたことが波紋を広げています。名古屋市の河村たかし市長(72)は8月4日、女性ソフトボール選手の表敬訪問を受けた際、「ええ旦那をもらって」などと発言。また、野球解説者の張本勲氏(81)も8月8日、テレビ番組で女性ボクシング選手について、「女性でも殴り合いが好きな人がいるんだ」「嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合って」と発言し、それぞれ問題となりました。

 その後、2人は謝罪しましたが、ネット上では「辞職した方がよい」「口先だけの謝罪」など批判がやみません。河村市長、張本氏は誠意をもって謝罪していたといえるのでしょうか。広報コンサルタントの山口明雄さんに聞きました。

たわ言ばかりの河村市長?

Q.河村たかし市長は8月4日、東京五輪ソフトボール代表の後藤希友選手が表敬訪問した際、後藤選手が自身の首に掛けてくれた金メダルをかんだほか、後藤選手に対してセクハラともとれる発言をして、批判が殺到しました。その後、河村市長は3度の会見で謝罪しましたが、会見時の対応をどう評価しますか。

広告の後にも続きます

山口さん「危機管理広報のコンサルタントの立場から見れば、河村市長の3度の会見はいずれも謝罪ではなく、『たわ言』に終始した会見だったと思います。8月5日の1回目の会見冒頭で、河村市長は何度もつっかえながら謝罪文を読み上げた後、『ということでございます』と、他人が書いた文章だと言わんばかりの言葉で締めくくりました。そこに市長自身の謝罪の気持ちは込められておらず、市の当局者が準備した謝罪定型文書を代読しただけだったと思いました。

その後の質疑応答でも、河村市長は『歯が食い込むようなかみ方はしていない』『あのときは非常にフレンドリーな感じだった』など釈明にもならないたわ言を繰り返しました。『ええ旦那をもらって』といった、河村市長の嫌がらせとも女性蔑視とも受け取れる発言については『後藤投手を喜ばせたい意図もあった』『嫌がらせの認識は全くなかった』と釈明しましたが、私には、これもたわ言だとしか言いようがありません。

8月12日の2回目の会見冒頭で、河村市長は『行き過ぎた発言がありまして…』と形式的な謝罪はしたものの、行き過ぎた発言の内容について問われると『(自分の発言を)受け取る側がハラスメントと感じると、そういうことになってしまう。(ハラスメントだと思われるようなことは)言わないようにする』『名古屋市としても、発言についてのガイドラインみたいなものを作らなければならないと思っている』と話しました。

『ガイドラインを作らないので、まともな発言ができなかった』と言わんばかりで、あきれてものが言えません」

Q.8月16日の3回目の会見時、河村市長の言動で気になったことは。

山口さん「この日は定例会見でしたが、パフォーマンスが目立ちました。河村市長は『私も72歳になりまして、このたびのことは自分自身、本当に情けにゃあと心から思っております』などと話した後、『一応、心を込めて頭を下げさせていただきます』と言って、10秒ほど深く頭を下げました。『一応』とは何でしょう。自らパフォーマンスだと宣言したのでしょうか。その後も泣きだしそうな表情で、何度も『私の不徳のいたすところ。ざんきの念に堪えません』と謝罪を繰り返したのです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル