犬が飼い主に何かを伝えたい時にするサイン5つ
犬が飼い主に何かを伝えたい時にするサイン5つ
犬と人間は言語が違うため、言葉で相手の気持ちを理解することは困難です。しかし、犬は人間に対し、仕草や行動で気持ちを伝えてこようとすることがあります。今回は犬が飼い主に何かを伝えたいときにするサインをいくつかご紹介します。

犬が飼い主に何かを伝えたいときにするサイン

私たち飼い主は日々の観察や犬の仕草や行動に関する知識から、今愛犬がどのような気持ちなのかを理解しようとします。様々な心理が多種多様な仕草によって表されますが、犬が飼い主に何かを伝えたいときにするサインをご存知でしょうか。

1.前足でちょんちょんと突いてくる

飼い主さんがソファなどに座って寛いでいるとき、愛犬がトコトコとやって来て前足でちょんちょんと肩や膝辺りを突いてくるということはありませんか?これは愛犬が飼い主さんに対して何かを要求しているサインです。

何を要求しているのかは、その時の状況によって異なりますが、「ごはんが欲しい」「おやつちょうだい」「散歩に連れて行って」などが多いでしょう。中には「トイレが上手くできたよ」と教えに来てくれる子もいます。

ぜひ普段から愛犬の様子を観察し、「今はこれを要求しているんだな」ということを理解できるようにしましょう。しかし、おやつなどは毎回要求に応えないよう注意が必要です。

2.身体を擦りつけてくる

座っている飼い主さんに、あるいは立っている飼い主さんの足下に身体を擦りつけるようにして寄ってくることはありませんか?これは愛犬が甘えたい気持ちを飼い主さんに伝えようとしているのです。

具体的には「撫でて欲しい」や「もっと構って欲しい」といった気持ちを飼い主さんに理解してもらおうとしています。

もしもこのような行動をしてきた場合、その時飼い主さんの手が空いているのであれば、一緒に遊んだりスキンシップをとってあげてください。手が空いていないときは「後でね」と手で制し、後ほど構ってあげましょう。

3.口や鼻を舐めてくる

よく飼い主さんの口や鼻を舐めてこようとする犬がいますよね。これは子犬が母犬に対して甘えたり、お乳を要求するときに行う行動です。飼い主さんに対して「構って欲しい」「何か食べ物が欲しい」といった気持ちをストレートに伝えようとしているのです。

中には飼い主さんが食事をしているところを見て、「僕もそれが食べたいな」や「その食べ物分けて」といった意味を持って、この行動をとる犬もいます。この場合は要求に応えず、しっかり「ダメ」と制してくださいね。

4.頭を下げお尻を上げて見せてくる

散歩中に愛犬が他の犬に対して、あるいは他の犬が愛犬に対して、頭を下げてお尻を上に上げるような行動をとっているのを見たことはありませんか?これは犬同士だけでなく、犬が飼い主さんにすることもあります。

この行動は警戒していると勘違いされることがありますが、決してネガティブな意味を持っているのではありません。「一緒に遊ぼうよ」と誘うポーズなのです。

そのため、飼い主さんに対してこのサインを出したときは、「遊んで欲しいな」「構って構って!」といった気持ちを伝えてきています。おもちゃを使うなどし、一緒に遊んであげるようにしましょう。

5.仰向けになる

飼い主さんの前でゴロンと仰向けになり、お腹を出すようなポーズをしたときは2つの意味が考えられます。1つは飼い主さんに甘えているサインです。「お腹を撫でて欲しい」と伝えています。

お腹というのは犬にとって弱点でもあるため、このお腹を見せるということは、飼い主さんのことをとてもよく信頼しているということでもあります。

しかし、もしもお腹を見せたまましっぽを内側に巻いている場合は、少々意味が異なります。「降参」「もう怒らないで」といった不安、恐怖といった感情を訴えようとしている可能性が高いです。よく怒られた後に犬がこのポーズをするという声を聞きますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。皆さんもこのような愛犬の行動を何度も見たことがあるのではないでしょうか。今、愛犬が何を要求しているのか、そして今応えるべきかについても考慮して、飼い主としての行動をとりましょう。

(更新日:2018年9月9日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(ペット)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME