top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

平日がラクになる!3歳児の1週間献立を考えるポイントとメニュー実例

たべぷろ

朝はバタバタ、夕方はヘトヘトのママ。それでも、「保育園へ行く前にちゃんとした朝食を準備したい」「喜ぶ晩ごはんをつくってあげたい」と思いますよね。この記事では、栄養バランスが整っていて平日のごはんづくりがラクになるような献立のポイントを解説。3歳の子も家族も喜ぶ献立1週間分も公開しています。「子どものご飯どうしよう」という朝食や夕食づくりの悩みが解決するはず。

3歳児の1週間献立を考える5つのポイント

栄養バランスも考えたうえで、忙しいママがラクに用意できる献立を1週間分たてておくためのポイントを解説します。

品数や食材をある程度決めておく

「主菜1品に副菜2品」など品数を決めておくと献立が立てやすいですよ。主菜でタンパク質、副菜でビタミンを摂るイメージをもっておくとバランスの良い献立に。「○曜日の主菜は肉」「○曜日は冷蔵庫の余り物で作る」など一部の食材を固定しておくのもいい方法。

ただし、「絶対にそうしないといけない」と思うとママの負担になってしまうので、「残業があったから今日は1品料理!」など臨機応変に対応しましょう。

野菜や魚も献立に取り入れよう

栄養バランスを整えるには、子どもが好きなものばかりではNG。3歳で保育園や幼稚園に入園する子も多く、給食には苦手な食材が出ることも。無理強いをするのはよくありませんが、食材に慣れるという意味では、食べてくれなくても食卓に出し続けるのが理想的。

広告の後にも続きます

1食ごとで完璧に栄養バランスを取るのは難しくても、1日、1週間単位で偏りがない献立を心がけ、便秘対策や健康維持のため野菜もしっかり献立に入れましょう。

大人からの取り分けを基本に考える

食事をつくるのに、大人用、子ども用と分けると手間が2倍に。3歳ならほぼ大人と同じものが食べられるので、大人からの取り分けを基本に献立をたてましょう。調理方法や味付けに配慮すれば、別々に用意する必要はありません。

取り分けの定番レシピ!アイデアはこちらを参考に
【幼児食】パパッと作れて優しいお味の親子丼レシピ!取り分け食のアイディアも

作り置きを献立に組み入れる

毎食ごとに全部イチから作るとなると時間がかかってしまいます。日持ちのするものや冷凍できる作り置きをしておいて、あたためるだけで完成するおかずがあると便利。週末に作り置きしたり、下味冷凍しておくと平日の調理時間が時短できます。

リメイクで同じおかずも飽きさせない

同じおかずが続くと飽きてしまうもの。とはいえ、たくさん作り置きしたり、帰宅してから作る時間もとれないですよね。3歳児の場合、飽きると「食べない」と言い出す可能性も。

同じおかずでも、リメイクすると目先がかわり、飽きることなく食べられます。味付けを変えることで、食べず嫌いの克服にも役立つかもしれないテクニックです。

朝食の献立は基本形を決めておく

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル