top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

令和になっても変わらぬ面白さ!昭和の懐かし名作コミック!

エンタメウィーク(マンガ)

令和になっても変わらぬ面白さ!昭和の懐かし名作コミック!

往年の名作というのは、いつの時代に読んでも面白いもの。昭和、平成、令和の時代とともに、そうした心に残るマンガタイトルはいくつも登場してきました。

なかでもマンガが誕生し、アニメ化とともにエンターテインメントを極めてきた「昭和の名作」にはおさえておきたい傑作が多いものです。話が古いから、絵柄がちょっと…、とこれまで敬遠してきた人は、ぜひこの機会に触れてほしいものです。そこにはいまの時代にも通ずる学ぶべき何かが凝縮されているはず。

人生のバイブルといっても過言ではない至高の一冊をご紹介しましょう。


いますぐ見る

勉強に役立つかも!?源氏物語コミックと言えばこの作品!「源氏物語 あさきゆめみし」


画像名

1000年以上前に紫式部が書いた古典の大作「源氏物語」を美麗な絵と、わかりやすいストーリーで漫画化した本作は、連載開始から40年以上経っても尚ファンに愛される名作です。

受験勉強のバイブルとも呼ばれ、学生時代に「源氏物語」はこれで覚えたという方も多いのではないでしょうか。今読んでも魅力たっぷりの奔放な光源氏の人生と共に、平安時代の雅な世界に浸ってみませんか。

■タイトル:源氏物語 あさきゆめみし 完全版(1)
■大和和紀  | 講談社

いますぐ見る


この作品を読んで獣医を目指した人も!今読んでも面白い獣医学部コメディ!「動物のお医者さん」


画像名

よくタイトルで勘違いされますが、本作は獣医と動物のシリアスなヒューマンドラマではありません。なんなら主人公は獣医でもなく、獣医学部に通うただの学生です。そんな主人公と、ペットのシベリアンハスキーの”チョビ”を中心とした日常を面白おかしく描いたコメディマンガ、それが『動物のお医者さん』なのです。

本作最大の魅力は、一癖も二癖もある登場人物にある。トラブルメーカーで「破壊神」と呼ばれている漆原教授や超スローペースで天然ボケな先輩・菱沼女史など、一度読んだら忘れられないキャラクターが多数登場すること。あまりにも癖が強すぎて、主人公が一番普通の人間ではないだろうかと思うほどです。

なんとなく動物の生態も学べて、なんとなく獣医学部の日常も垣間見える。そんなゆるさがファンを惹きつけて止まない本作で、かわいい動物たちに癒されてみてはいかが?

■タイトル:動物のお医者さん(1)
■佐々木倫子  | 白泉社

いますぐ見る


巨匠・手塚治虫の名作コミック!生きるとは一体何なのか?「火の鳥」


画像名

漫画家の神様と呼ばれる手塚治虫のライフワークとも言える作品『火の鳥』。本作は巻により物語の時代も、主人公も異なる上、漫画としてのジャンルも時代劇だったりSFだったりと様々です。しかし、どの章にも火の鳥が登場し、「生きる」とは一体どういうことなのかと、そんな疑問を読者に投げかけてくるのは変わりません。

オムニバス形式の作品なので、時間が無いときでも少しずつ読み進められるのも嬉しいポイント。「人間の生と死」をテーマにした不朽の名作、読書時間のお供にぜひおすすめです。

■タイトル:火の鳥(1)
■大久保篤 | 講談社

いますぐ見る


いますぐ見る

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル