top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

五輪閉会式で話題!NHK明かす「#手話の人」が“ろうの通訳者”だった理由

女性自身

五輪閉会式で話題!NHK明かす「#手話の人」が“ろうの通訳者”だった理由

いよいよ24日に開幕となるパラリンピック。NHKによる開会式の生放送では、NHK総合テレビの中継とは別に、Eテレで手話通訳付きの中継が放送される。

 

実は、8日に行われた東京五輪の閉会式でも、手話付きの中継が行われており、インターネット上で大きな話題を呼んだ。

 

手話付き中継では、ふだんのテレビ放送でよく見るワイプに手話通訳者が映る形ではなく、画面中央に閉会式の様子を流すモニターが配置され、視聴者から見て右側に男性の通訳者が立って手話通訳を行っていた。

広告の後にも続きます

 

ふだんあまり目にすることのない、手話通訳者の様子に、閉会式そっちのけで見入ってしまったという人も多かったようで、ツイッターでは“手話の人”がトレンド入り。通訳する言葉が無く“じっと画面を見つめる姿がシュール”、“表情が豊かで可愛い”、“手話の人楽しそう!”などの感想が相次いで投稿された。

 

一見、楽し気に見える彼らの動きや表情だが、じつはすべての振る舞いには、手話通訳を行う上での意味があったという。存在は知っていながらも、実際にかかわることは少ない「手話」の世界。今回は、この「手話」に関して、放送を行ったNHKに話を聞いた。

 

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル