top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ソフトボール聖地で発見!金メダルのたび億招く「宝くじ売り場」

女性自身

ソフトボール聖地で発見!金メダルのたび億招く「宝くじ売り場」

群馬県高崎市では8月24日にソフトボール日本代表チームの宇津木麗華監督やエース上野由岐子投手等を市役所に招き、市民栄誉賞の贈呈式を行なうことで話題になっている。

 

「ソフトボールは08年の北京五輪で念願の初の金メダル。しかし残念ながら、それ以降、五輪種目からはずれ、今回の東京五輪で13年ぶりの復活。再び金メダルを獲得しました。高崎市は有力チームが多く本拠地としていることから“ソフトの聖地”と呼ばれ、今回の市民栄誉賞もその縁だと聞いています。じつは、その市内に『ソフトが金を獲るたびに億を出す奇跡の売り場がある』と噂の宝くじ売り場があるんです」

 

と、宝くじ研究家の山下剛さん。それが高崎市「吉井ベイシアチャンスセンター」だ。

広告の後にも続きます

 

「北京五輪は8月8日から24日まで開催されました。さなかの8月12日抽せんのサマージャンボで売り場から1等前後賞3億円が出たんです。その年はなんと年末ジャンボでも1等前後賞3億円が出て、一躍、宝くじファンが押し掛ける人気売り場になりました」

 

ところが、ソフトボールが五輪種目からはずれるのと連動するかのように『億』から遠ざかること13年間。それが今年6月、ついにロト6で1等4億5千万円。まさにソフトボール金メダルの前触れともいえる13年ぶりの『億』でした」(山下さん)

 

さっそく本誌は高崎市内の売り場を直撃。大久保俊彦店長に話を聞いた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル