top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

フィッシャーズがパラスポーツに全力挑戦! Yahoo! JAPANと協力し東京2020パラリンピック盛り上げる

yutura

Yahoo! JAPANは今月18日に公開したプレスリリースを通じて、「フィッシャーズ」(登録者数687万人)を起用し、パラリンピック競技やパラアスリートを応援するコラボ企画を実施することを発表しました。

メンバーがパラスポーツに挑戦

今コラボ企画は、障碍者スポーツへの関心が低下傾向にあるとする東京都の調査をうけ、東京2020パラリンピックへの興味を持ってもらうとともに、パラスポーツの奥深さや楽しさを広めることを目的としたもの。
コラボ企画に起用されたフィッシャーズのYouTubeチャンネルでは、鈴の入ったバスケットボール大のボールを互いに投げ合い得点を競う「ゴールボール」や、ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに赤・青のそれぞれ6球ずつのボールをいかに近づけるかを競う競技「ボッチャ」に挑戦する様子が、8月18日より順次動画として公開される予定となっています。

プレスリリースでは、ゴールボールに挑戦するザカオとシルクロードが目隠しをした状態でボールを必死に受け止める様子や、ボッチャに挑むメンバーらが車いすの上でボールの行方を見守る写真が公開されました。

Yahoo! JAPAN

パラスポーツの魅力に「まだまだみんな気づいてない」

企画にあたってフィッシャーズのリーダー・シルクロードは、パラスポーツの体験を通じて競技の魅力を感じたとして、「新しいものの魅力を伝えるのは、僕たち動画クリエイターのやってきたことで、みんながまだまだ楽しさに気づいていない、パラスポーツについても伝えられることがある」とコメント。
動画撮影中は「最初から最後までずっと笑っていた」とするなど、初めて挑戦する競技を全力で楽しんだとも話しています。

またマサイは「みなさんも、やるべきと思える楽しさなので、ぜひこの楽しさを広めてほしい、僕も全力で広めますので、協力お願いします」とパラスポーツの周知に積極的な姿勢を見せたほか、ンダホは「動画を見てくれた方がパラリンピックを見たり、パラスポーツを誰かとやってみたいと感じてもらえるといいなと思う」との思いを打ち明けています。

広告の後にも続きます

(シルク)
新しいスポーツをやるときは、これまでに経験したスポーツを複合して予想して動き方を考えていくんですけど、パラスポーツは、「見えない」状況だったり、「車いすに乗った高さから投げる」だったり、過去に経験していない要素が一つ加わることで、プレーの仕方に大きいな違いが生まれると思う。
新しいものの魅力を伝えるのは、僕たち動画クリエイターのやってきたことで、みんながまだまだ楽しさに気づいていない、パラスポーツについても伝えられることがあると思います。今日一日、最初から最後までずっと笑っていたと思うので、新鮮なうちに早く動画を届けたいと思います。(原文ママ)

8月のYouTubeの動画再生回数が4年連続で3億回を突破するなど、夏の盛り上がりには定評のあるフィッシャーズ。
今年はパラスポーツへの挑戦やアスリートの応援を通じて、東京2020パラリンピックも共に盛り上げようとしています。

関連記事
フィッシャーズ、8月の動画再生回数が3億回を突破!4年連続の快挙に「自信につながりました!」

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル