top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

未来の金メダリストたちが集結した日。【寺尾聖一郎の「SDGsなライフシフト」】

TOKYO HEADLINE

 勝利のためには、強いだけでは勝てない、状況、天候、体調、などさまざまな問題に対応する能力を小さな時から身に着けていく必要があることを教えてもらっていました。

大雨の中で待機する選手に、待機時間の緊張のほぐし方を指導するプロたち

世界レベルが普通になるための日本テニスのこれから。

 大会主催者であり、自ら企画、運営、プロデュースを手掛けている杉山プロのこれまでの道のりは短くありませんでした。自ら世界中でプロとして試合をしてきた本人だからこそ、未来のプレーヤーに必要なことを死ぬほど経験してきました。

 世界では選手を取り巻く社会の環境がものすごく優れている国々があり、指導者、サポーター、トレーニングプログラム、支援者ネットワークなど、金銭面でも手厚いサポートをしている国は多くのトッププロを輩出していました。「テニスプレーヤーを育てるだけではテニス界は良くならない」「テニスが好きな成功者から金銭面やアイデアなどをサポートしてくれる人を育てる必要がある」と考え、それにはテニスと学業をトップレベルで育成する環境が必要と感じ、杉山プロが練習プログラムを開発し、専門家に教育プログラムを任せ、文武両断の環境を提供する仕組みを作ってきました。

 杉山プロのプログラムを受けた子どもの中から、アメリカの一流大学に進学したり、医師、弁護士などになっている卒業生が後を絶ちません。テニスを卒業しても第一線で活躍する社会人を数多く輩出しつづけているのです。

開会式は長崎原爆の日の当日だったこともあり黙祷も

 

杉山プロたちに教わった選手たちが、テニス界と社会を支える時代

広告の後にも続きます

 杉山プロは幼少期に真剣に取り組んだテニスを通じて社会に出てもサポートし続けてもらう循環サイクルを作り上げようとしています。技術のみならず、高い学力を身に付ける事と同時に思いやり、礼儀、感謝、あきらめない心など、本人とテニスのコーチと学業のコーチが一体となる仕組みを作ってきました。

憧れの現役トッププロたちとの本気ストローク練習

 

本物に触れる環境

杉山プロが世界で見てきたものは、数多くの「本物」でした。選手、コーチ、スポンサー企業のトップ、その家族たち、政府も全面協力している国もあります。

「杉山記一杯」では、試合の前後に現役で活躍するトッププロの直接指導を受ける事ができます。大空に虹が見守る中で、プロ選手と小学生たちの本気のラリーが始まりました。

プロの力強い球を、まだラケットの高さほどの身長しかない低学年の小学生たちが、空振りをしても本物の打球を体験することができる瞬間。プロたちも決して容赦せず返球します。経験したことのない勢いあるプロのボールを打った小学生たちは、自分たちが目指す本物のテニスを体験したと思います。

どんな年齢の選手にも隔たりなく本物を伝える杉山プロ

 

支援者も超一流 しかも運営のサポートまで手伝っていた

 会場にはスポンサーの方が多く参加されていました。ただ、スーツを着てVIP席に座って見守る姿はありません。特別協賛社の大企業の代表や、世界的グローバル企業のCEOも子どもたちの熱いプレーを見守るだけでなく、炎天下、荒れる天候の中で自らスタッフに混じって手伝っている姿がありました。

現役のトッププロが炎天下でボールを拾っていた

テニスを通じて、これからの社会の大切を学ぶプラットフォーム

 杉山プロが目指すトーナメントは、プレーヤーの向上だけでなく、これからの社会で活躍する起業家、専門家を幅広く輩出する仕組み作りなのだと思います。勝つ喜び、負ける口惜しさも当然必要でしょうが、同時に大切な事を学ぶ機会を提供しています。

 近年は、あまり順位をつけないという風潮ができつつある中で、特にスポーツにおいては、順位や競争環境があることで個人の能力・パフォーマンスは発揮しやすくなると語るのは東京大学大学院・行動経済学が専門の古川雅一准教授。「ちょっと頑張ればできるかも」という目標を掲げて過去の自分と競争することも良い、と大会パンフレットでも語られていいました。

 

 

スポーツも環境も人材育成が大切

 SDGsの視点でも、共通点があります。8番目の目標に「働きがいも経済成長も。」という項目がありますが、その中の「若者の就労、就学、職業訓練の促進」という小項目の目標では、今、世界の15歳から24歳の労働人口のうち13%以上が失業中で、その数は増加している事実があります。

 先進国でも、これからは、スポーツを通じて、若者が未来の目標を見つけ、夢に向かって自己実現する、グローバル社会で活躍する人が多くふえることで、明るい未来が見えてくるのだと感じました。

 

ファイト!一発!世界へ!

■プロフィール 寺尾聖一郎(てらおせいいちろう)ソーシャルコンテンツプロデューサー 1964年 東京都生まれ。(株)リレーションズ代表取締役 エンタテインメント&コンテンツビジネスを中心に31年間勤務した大手広告代理店を2020年に早期退職。自らパーソナルトランスフォーメーション(PX)を志し、人生100年時代のセカンドライフを実践挑戦中。”アイデアで世界を繋ぐ”をコンセプトにしたソーシャルクリエーティブ&㏚会社(株)リレーションズを設立。東京浜松町に2020年8月に開業したダイアログミュージアム”対話の森”や、ダイアログインザダーク,ダイアログサイレンスのPR&企画プロデュースなどを手掛けている。趣味は料理(調理師)、テニス、防災キャンプ。 資格:障がい者スポーツ指導員、准認定ファンドレイザー行政書士、宅建、調理士 NPO法人LWC理事「クイズに答えてお米を寄付するサイトハッピーライスの運営」


https://happyrice.org/
公式サイト:relationsholdings.com
Twitterアカウント:@soukitaisyokuT 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル