top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

河村市長 給与返上でも辞任求める声…メダルかじりで偽造署名問題も再燃

女性自身

河村市長 給与返上でも辞任求める声…メダルかじりで偽造署名問題も再燃

「市民、国民の皆さんにも大変不快な思いをさせた。後藤選手に不本意な注目が集まり、さらなるご迷惑をかけている。精いっぱいのおわびを申し上げたい」

 

こう語ったのは、名古屋の河村たかし市長(72)だ。「朝日新聞デジタル」によると河村市長は8月16日に行った会見で、東京五輪ソフトボール日本代表・後藤希友投手(20)の金メダルをかじった件を改めて謝罪。そして自身への処分として、給与3ヵ月分となる150万円を全額返上すると表明したという。

 

これまで河村市長は“メダルかじり”について、何度も謝罪をしている。報道当初には「最大の愛情表現だった。金メダル獲得は、あこがれだった。迷惑を掛けているのであれば、ごめんなさい」とのコメントを発表。

広告の後にも続きます

 

さらにトヨタ自動車は、豊田章男社長名で「アスリートへの敬意や称賛が感じられない。不適切かつあるまじき行為」とする抗議文を河村市長に提出。そのことを受けて今月5日、河村市長はトヨタ自動車の本社を訪問。しかし会社側に配慮し社内に入らなかった河村市長は、当日の会見で「車の中からお詫びしときました」と語っていた。

 

さらに12日には事実上の謝罪会見を開催。『毎日新聞』によると「ご不快な思いをさせて申し訳ありませんでした」など、謝罪を繰り返したという。

 

しかし連日の謝罪によって、河村市長の過去が再燃することに。それは“偽造署名問題”だ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル