top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

映画「勝利の旗」クランクイン/週べ1963年12月9日増大号

週刊ベースボールONLINE

 今年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永く、お付き合いいただきたい。

東京オリンピック近づく



表紙は巨人・王貞治


 今回は『1963年12月9日増大号』。10円上がって定価は50円だ。

 いよいよ翌年は東京オリンピックだ。
 考えてみればだが、オリンピックが始まれば、いや、それ以前であっても、とても東京でプロ野球という雰囲気にはなるまい。先走って悪いが、64年に関西の阪神、南海が優勝というのは、面白いめぐり合わせではある。

 このオリンピックまでの試合を終わらせるため、3月14日開幕で動いているパでは東映の渡米キャンプ中止が決定。3月初旬には帰ってこなければならず、ほぼメジャーとの合同練習ができないからだった。

 国鉄監督は既報どおり、浜崎真二が退任し、サンケイと関係が深い林義一元阪神コーチとなった。

 11月21日には映画「勝利の旗」がクランクイン。巨人の選手が実際に出てくるカラー映画で、以前は時々CSテレビで流れていた。なかなか貴重なものである。

 多摩川での撮影で、長嶋茂雄の最初のセリフはこんな感じのものだったらしい。

 ベンチで空を見上げる長嶋。これに藤田元司が声をかける。
「シゲ、何を見ているんだ」
 長嶋答える。
「空ですよ。神宮で八本目(東京六大学記録の通算8本塁打)を打ったときと同じような空なんですよ」
 ここで傍にいた広岡達郎が、
「あの八本目は忘れられないだろうからな」
 となる。 

 しかし長嶋が“はまった”。「空ですよ」のセリフが出ず、ついには涙を流し大笑い。女優の淡島千景ら共演者もつられて笑いだしてしまい、収拾がつかなくなったらしい。


中央は長嶋、藤田

 今回の2枚目はその撮影風景である。

 ではまたあした。

<次回に続く>

写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル