top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

いつものツナ缶&サバ缶を使って夏休みの絶品時短ランチ2品

防災ニッポン

子どものいる家庭であれば、いつものお菓子や粉末ミルクもローリングストックする品目になります。わが家の食を見直して、よく使うものをバランス良く保存しておきましょう。

薬味たっぷり!ツナ缶とトマトつゆのぶっかけ麺

次は、サラダやあえ物、いため物などに日頃から大活躍のツナ缶を使ったレシピです。ツナなどの具材にトマトのすりおろしを混ぜたつゆをかける、ひんやりサッパリ超簡単なぶっかけ麺。めんつゆを水で割らずにトマトの水分で割るので、トマトの酸味や甘味が感じられ、夏にぴったりの味わいです。熟れすぎたトマトを使ってもOK。

今回はそうめんを使いましたが、備蓄しているうどんや、ひやむぎなどの乾麺、冷凍うどんでもおいしくできあがります。薬味はしそ、青ねぎなどお好みのものを、辛いものが好きな場合、ごま油をラー油に変更してみてくださいね。

【材料】2人分
そうめん…3束
ツナ缶…1個
トマト…中2個
めんつゆ(2倍濃縮)…180ml
みょうが…1本
白ねぎ…15㎝
カイワレ大根…1/2パック
きゅうり…1本
白ごま…少々
ごま油…少々

【つくりかた】
①みょうがは薄く小口切り、白ねぎは薄く斜め切り、カイワレは3㎝幅にカットして水にさらし、しゃきっとさせておく。きゅうりはせん切りにする。
②トマトはすりおろし、麺つゆと合わせる。360mlに足りなければ水を足して冷やしておく。※トマトを冷凍してすりおろしても
③たっぷりのお湯で麺をゆで上げ、よく洗い、氷水でしめる。
④③を器に盛り、ツナ、水気を切った①を盛り付け、②を注ぎ入れる。ごま油を上から垂らし、白ごまを散らす。

非常時は食べ慣れたものがホッとする

広告の後にも続きます

ローリングストック初心者におすすめなのは、今回使った缶詰のように、いつも使っている保存食を少し余分に(できれば7日分、最低でも3日分)ストックしておく方法です。これなら、高価な災害用の食品をわざわざ購入する必要はありません。それに、食べ慣れない物だと食が進まない(栄養がとれない)ことがあるので、普段の食事の延長なら非常時でも安心です。

アレルギーがある、年配者がいる、子どもがいるなど、それぞれの事情にも合わせ、好みのものを日頃から少し多めにストックしておきましょう。家族みんなでさまざまな缶詰や乾物、冷凍食品などを食べ比べするのも、わが家の防災を考えるきっかけになるかもしれません。

<執筆者プロフィル>
中願寺あゆみ
料理家
雑誌・Webでのレシピ執筆、料理教室、ケータリングなど幅広く活動中。おつまみが得意。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル