top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

魔の2歳児に!市販品やレトルトを利用した1週間献立

たべぷろ

イヤイヤ期真っ最中の2歳児。英語では”terrible twos (恐るべき2歳児たち)”なんて言い方をするそうです。この年代の子供に手を焼くのは、世界中のママたちの共通の悩みなんですね。自立のために必要な、大切な成長過程…とはいえ、毎日イヤイヤを繰り返されると、ママもぐったりです。特に仕事で疲れた体に鞭打って一生懸命作った食事を、食べてくれないとなったら…。
今回はそんなママたちの悩みに「インスタントやお惣菜にひと手間加えた料理」でお応えします。市販品は罪悪感があるというママも、いざというときの最終手段として覚えておけば、毎日の食事の支度も気が楽になるはず。手料理を食べなかった時の代用品としても、パパっと用意ができますよ!

子どもも安心な市販品選びのコツは?

レトルトや市販品を選ぶとき、やっぱり気になるのは添加物や味の濃さ。はじめから子供用に開発されている商品もありますが、なるべくなら子供の成長にいいものを選びたいですよね。市販品を選ぶときのコツや考え方のポイントをご紹介します

冷凍野菜や乾物で栄養バランスも◎

冷凍のブロッコリーやカボチャ、ミックスベジタブル…冷凍庫に入っていると、便利ですよね。コンソメと一緒に煮れば、野菜たっぷりスープも簡単に!

いつものサラダやハンバーグにも、ちょっと入れるだけで彩も豊かになります。また、プチトマトを冷凍しておくとシャーベット状に凍るので、夏のおやつにピッタリですよ。

子供がどうしてもおかずを食べない! という日は、とろろ昆布や鰹節を混ぜたごはんで栄養をプラスしたおにぎりにしても。乾物は保存もきくので、常備しておくと便利です。

保育園で食べているのと同じ食品や食材を使う

広告の後にも続きます

保育園では初めて食べる食材のリストを渡されて、まずは家庭で試すように依頼されますよね。その中に、カレーやシチューなどの商品名が書かれていることがあるはず。保育園で普段食べているものなら子供も慣れているので、保育園に使っている商品を尋ねてみるのも手です。

缶詰は優秀食材! オイル不使用の水煮もオススメ

サバ缶、スイートコーン、ミートソースやスープまで! 家に缶詰があると、疲れ切った日にも安心です。魚の缶詰を使いたいけど油や塩分が気になる…という人には、水煮がおすすめ。ツナの水煮もオイル漬けと同じように使えますよ。非常食用にストックしているものを古い順に入れ替えれば、ローリングストックとして活用もできます。

塩分の低いものを選ぶ

子供の味覚は大人より敏感だと言われています。また体も小さいので、大人と同じものを食べると体内の塩分濃度があがってしまうことが。大人用の市販品を食べさせるときは減塩のものを選ぶか、出汁や水、牛乳などでのばしましょう。

納豆・豆腐はプラスアルファ食材としても優秀 

大豆食品は使い勝手も、栄養面でも優秀です。ほかの食材とあえたり、味噌汁やうどんの具材にしたり、そのままお皿に出して一品にしたり。使い勝手のいい、万能選手です。

疲れてなにも用意したくないときは、これ!

手軽に1食分の野菜をとれるレトルト幼児食

市販品を組み合わせて時短!一品で大満足な1週間夕飯献立

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル