top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

河村市長のメダル噛み、謝罪コメントがむしろ火に油注ぐ事態に

女性自身

河村市長のメダル噛み、謝罪コメントがむしろ火に油注ぐ事態に

 

《愛情表現とか良いように言うんじゃない 憧れの金メダル獲得? 自分が獲ったわけじゃないのに!》
《これで“最大の愛情表現”&“迷惑を掛けていない可能性があるかもしれない”と考えているとしたら、完全に感性がNGだわ》
《「愛情表現」「憧れ」「迷惑をかけているのであれば」と、反省ではなく勝手な自己弁護ばかり》
《弁明の「最大の愛情表現」は相手が男性なら言わない。若い女性なら許されると思った時点で、この世代の男性は……と五輪でまた学ぶ虚しさ》
《選手への敬意はどこにも感じられない》

 

 

■公式サイトには「気さくな72歳」「友達のような市長」との文言が

広告の後にも続きます

 

メダリストたちも反応を示している。東京五輪の柔道男子60キロ級金メダリストの高藤直寿選手(28)はTwitterで《動画見たけど、『カンッ』て歯が当たる音なってるし 自分の金メダルでも傷つかないように優しく扱ってるのに》といい、《怒らない後藤選手の心の広さ凄すぎ 俺だったら泣く》と投稿。

 

さらにロンドン五輪のバドミントン女子銀メダリストの藤井瑞希選手(33)は《他の方に同じようなことをされました》と“経験者”であることを明かし、《口いっぱいにメダル入れられた、、たぶんボケかましてきたんだと思うけど、本当泣きそうになった》《その瞬間はショックだったけどしっかり消毒して、たくさんの人に触ってもらってたくさんの笑顔が見れたので、忘れてました。今後このようなことがありませんように》とツイートしている。

 

河村市長の公式サイトには、「気さくな72歳」「友達のような市長」との文言が並んでいる。しかし気さくであっても友達のようであっても、配慮がなければただの迷惑行為。そのことを、理解しているのだろうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル