top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

河村市長のメダル噛み、謝罪コメントがむしろ火に油注ぐ事態に

女性自身

河村市長のメダル噛み、謝罪コメントがむしろ火に油注ぐ事態に

「最大の愛情表現だった。金メダル獲得は、あこがれだった。迷惑を掛けているのであれば、ごめんなさい」

 

こうコメントしたのは、名古屋市の河村たかし市長(72)だ。

 

8月4日、ソフトボール日本代表・後藤希友投手(20)が同市役所に表敬訪問。その際、河村市長は後藤選手から金メダルを首にかけてもらうと、了解もなくメダルを噛んだのだ。さらにメダルを拭くことなく後藤選手に返したため、猛批判が。そして同日、冒頭のように書面で謝罪コメントを発表した。

広告の後にも続きます

 

選手にとって、金メダルは一生の宝物だ。そのため、“それを勝手に噛むとは理解し難い““新型コロナウイルスが感染拡大するなか、唾液に細心の注意を払う必要もあるのに“といった声が各所から殺到。河村市長は“愛情表現”としたものの、一夜明けても非難されている。

 

《まじで気持ち悪い。一生の宝物に一生消えない汚点をつけやがった》
《河村市長のアレ、無理。本当無理。配慮無さすぎ。気持ち悪い。なんであんな何にも考えられない人が市長やってんの?》
《今年イチ気持ち悪いしコロナ禍で安易に人のモノに唾液をつける行為を働く人が役人であってはいけない》

 

ネットでは、そうした嫌悪感を示す声が続々噴出。さらに謝罪コメントにも、こんな厳しい声が上がっている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル