top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

自閉症の我が子を「暴君」にしないために。すべての親に贈る「希望の書」

BOOKウォッチ

自閉症の画家が世界に羽ばたくまで(扶桑社)<amazonで購入>

愛媛県在住の画家・石村嘉成(よしなり)さん。フランスの美術展(新エコールドパリ浮世・絵展)で版画作品が優秀賞に輝き、現在も各地で多数の個展を開いている。アートの才能を開花させた嘉成さんだが、実は重度の自閉症だという。彼の自立の背景には亡き母の献身的な「療育」があった。


シングルファーザーとなった嘉成さんの父親、和徳さんが綴った著書、『自閉症の画家が世界に羽ばたくまで』(扶桑社)が8月4日に発売された。

「ミツバチと花」(2013)。第2回新エコールドパリ 浮世・絵展ドローイング 部門優秀賞。国際的に 評価を受けた最初の作品(画像)
個展の模様。多くの人とふれあう喜びがある(画像)

本書は、生後2歳で自閉症と診断され、暴れる、泣きわめく、発語がないなど、手の付けられない嘉成さんをどうやれば社会に送り出せるかと苦悩した両親による必死の子育ての記録である。

トモニ療育センターでの初セッション。作業をさせられて泣いてしまう2歳の嘉成さん(画像)

母の有希子さんは、小学校では普通学級の授業に毎日付き添うなど、すべてを息子の療育に捧げた。しかし、嘉成さんが11歳のとき、がん闘病の末に40歳の若さで他界してしまう。

最後の力を振り絞って息子を抱き寄せる有希子さん(画像)

遺された和徳さんは、シングルファーザーとして息子の療育に励む。中学・高校ともに普通学級に通わせた。なんと、高校3年間は無遅刻無欠席で、父子ともに自転車で登下校をしていたという。

2019年12月。 自宅アトリエで大作を製作中(画像)
「インドゾウの親子」(2021)。愛媛県立とべ動物園、TOBEズージアムでの展示作品(画像)

広告の後にも続きます

高校3年生の時に絵画の授業で版画に目覚めた嘉成さん。大好きな動物や生きものたちの姿を次々と作品に仕上げていった。母親が遺してくれた動物のビデオや絵本が今もなお創作のモチベーションになっているという。

自閉症を乗り越え、芸術家として羽ばたいている今は一見、順風満帆にも思われるが、暴れる息子を前に「我が子を暴君にしない。親が子どもの奴隷にならない」という、壮絶な覚悟の「療育」が今でも続いている。

本書には、有希子さんが遺した胸を打つ日記も多数掲載されている。夫婦の25年にわたる苦闘の記録は子育てに悩む人や近い境遇の親たちに様々なヒントを与えるだろう。

本書の目次は以下の通り。

1章 自閉症の宣告 「療育」での意識改革
2章 母の献身、付き添い授業 そして死別……
3章 父が背負った「療育」 変わった息子
4章 父と子でがんばる喜び 人生を変えた版画
5章 アートで自立の道 母の想いは永遠に

決死の覚悟で子育てにあたり、息子を自立させた石村さん夫妻。嘉成さんの画家としての活躍の裏には、大きな苦闘や愛情があることがわかる。涙なくしては読めない、温かく美しい子育ての記録。


※画像提供:扶桑社

書名:  自閉症の画家が世界に羽ばたくまで 監修・編集・著者名: 石村和徳、石村有希子 著/石村嘉成 著、イラスト 出版社名: 扶桑社 出版年月日: 2021年8月 4日 定価: 1,760円(税込) 判型・ページ数: 四六判・221ページ ISBN: 9784594088682

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル