top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“パワフル中学生”たちがリアル脱出ゲームに挑む! 映画『都会のトム&ソーヤ』舞台挨拶

フィールドキャスター





7月31日、TOHOシネマズ日比谷にて、映画『都会(まち)のトム&ソーヤ』の公開記念舞台挨拶が行われ、主演・城桧吏さん、酒井大地さん、豊嶋花さん、渡邉心結さん、玉井詩織さん(ももいろクローバーZ)、森崎ウィンさん、市原隼人さん、原作者・はやみねかおるさん、監督・河合勇人さん計9名が登壇しました。



本作は、シリーズ累計200万部を超える大人気推理小説シリーズが原作。
ごく普通の中学生だが、実は類稀なるサバイバル能力を持つ内藤内人(城)と、一大財閥“竜王グループ”の御曹司で学校一の秀才である、竜王創也(酒井)の対照的な2人が、天才ゲーム・クリエーター集団「栗井栄太」が仕掛ける、街中を舞台にしたリアルRPG『エリアZ』に出現する“謎”を解きゲームクリアを目指すため、様々な場所で推理と冒険を繰り広げていく物語。
原作では描かれていない、オリジナルストーリーも展開する。



『万引き家族』や『約束のネバーランド』など、話題作の出演が続く城さんは、今回映画初主演。 主人公・内人を演じてみて「このキャラクターは明るい部分と友達思いなところが、自分と似ていたので、自分自身と照らし合わせて演じることができた。現場では周りの雰囲気を盛り上げるため(酒井)大地と一緒に面白いことをしていた。最初にあった時よりグッと距離が縮まった」と振り返りました。



撮影を通し、相棒役の酒井さんも城さんと、すっかりと親しくなったようで「(城)桧吏とは毎日撮影の時は変顔をしたり、ダジャレを言ったり、ダンスを踊ったり、たくさん思い出がある。また(共演)したい」と笑顔を見せました。



凸凹中学生コンビと共にゲームに挑む、ヒロイン・堀越美晴役を演じるのは豊嶋花さん。 同世代との撮影は「皆でレッスンして台本を積み上げる時間などがあり、より仲を深められた。桧吏と大地はいつも私たちを笑わせてくれた。合間にみんなでゲームしたり、ディズニーに行って楽しかった。」と声を弾ませながら、思い出を語りました。



また、彼ら中学生キャストたちの様子を、大人キャストたちは現場で暖かく見守ったそう。



内人たちと対立する、クリエイター集団のメンバーを演じる玉井詩織さんは、「学生時代の時間は、後からでは手に入らない本当にキラキラした時間。そんな時間を過ごす中、こうした作品を通し、色んな方達に出会えるというのは羨ましい。素敵だなと思った。」とし、映画の魅力について「夢に向かって突き進む若者たち‥ 若者たちって言うと、自分もそういう年になったんだなぁって思うんですけど… 本当に学生が後先考えず、ただ夢を叶えるために突き進むパワフルなところを、大人の皆さんも自分の学生時代と照らし合わせながら見て頂くと楽しいかなと思う。中学生の時しか持っていないパワーは凄まじいんです。だからそれに影響されて、大人の方がどんな夢でもいいから持ってもらうきっかけになってほしい。もちろん、主人公が中学生なので、学生の皆さんにも夏休みですし、たくさん見てもらいたいです。」とアピールしました。



同じく主人公たちと敵対する役柄の市原隼人さん。
城さん、酒井さんとは所属事務所の先輩にあたることもあり「何でもやっていいんだよ現場は!好きなこと言っていいんだよ。物が言えない現場はダメだと思う。色んな部署が横に並び、これはどうかあれはどうかって、色んな意見を交差させながら作るのが映画。キャリアも関係ない。まずはお客さんを楽しませるという事は僕らが楽しまなきゃいけない。」とアドバイスを送りました。



また、アドリブで酒井さんのアゴをつかむシーンがあり「台本にないけど、こういうことを現場でやったら、面白いじゃないですか? 違う化学反応というか、ハプニングが起きたり」と熱心に語りました。



映画『都会のトム&ソーヤ』全国公開中!!
主演:城桧吏、酒井大地、 豊嶋花、中川大志 、玉井詩織、森崎ウィン 、本田翼、 市原隼人
監督:河合勇人
原作:はやみねかおる
配給:イオンエンターテイメント
©️2021マチトム製作委員会


TOPICS

ランキング

ジャンル