top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

元寇はなぜ起きた?オススメ本と徹底解説!自由研究にも

ホンシェルジュ

蒙古襲来!鎌倉幕府がモンゴル帝国から攻撃を受けた事件「元寇」。モンゴルのチンギス・カンの血を引き継ぐフビライは日本の支配を企み、6度に渡り使者を派遣してきますが、鎌倉幕府は相手にしません。そしてついに、日本の歴史を揺るがす戦いが始まってしまうのです。

なぜ元寇は起きたのか?帝王フビライの野望

鎌倉時代の中期、モンゴルの軍勢が、属国だった高麗を拠点に2度日本に攻め込んできました。この事件が「元寇」であり、「蒙古襲来」とも言われています。

「元寇」というの言葉は、モンゴルの国号をフビライ・ハンが「大元」としていたことと、侵略を意味する「寇す」(あだす)という単語が由来しています。

フビライは高麗人から、かつて遣唐使というものがあり中国と日本が交流していたことを聞き、またマルコ・ポーロの『東方見聞録』でジパングには大量の金があることなどを知って、日本に興味をもちました。彼はそこから未到着のものも含めて6回も使節を送りますが、日本を服属させることはできません。

そしてついに、武力行使に踏み切ります。

1274年の「文永の役」と1281年の「弘安の役」の2度にわたり侵攻を試みてきますが、鎌倉幕府は北条時宗を執権に就任させてこれに挑み、見事に勝利しました。

広告の後にも続きます

 

フビライは同じころ中国の南宋も攻めていましたが、当初は地形の関係もありうまくいっていませんでした。彼は南宋の通商国を落とす作戦も考えていて、これも日本を支配したかった一因とされています。(ただし実際に日本へ攻め入るころには、南宋にほぼ勝利していました。)

また『高麗史』によると忠烈王が日本侵攻を推したと書かれており、それがフビライの日本への執着を強めたのではないかという説もありますが、はっきりとした侵攻の理由は不明です。

 

文永の役について。元・高麗連合軍との1度目の死闘

1274年11月、モンゴルは「文永の役」と呼ばれる1度目の侵攻を開始しました。元・高麗連合軍は、高麗に伝わる記録でおよそ4万の兵を率いていたとされており、軍船も約900艘と、かなり大規模なものでした。

長崎県の対馬へ攻め入り大虐殺がおこなわれます。日蓮はその惨状を『日蓮書状』に残し、また日本人の子供200人が捕らえられ、高麗の忠烈王に献上されたとも伝えられています。

  • 1
  • 2

TOPICS