top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

二階堂ふみ“早梅”、岩田剛典“成吾”との10年ぶりの再会に動揺

テレビドガッチ


二階堂ふみが主演を務める火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第4話が、8月3日に放送される。

原作は小学館の漫画アプリ「マンガワン」に連載中(隔週月曜更新)の同名人気漫画。夫から一方的に離婚を告げられ、無一文、無職、宿無しになった人生崖っぷちアラサーバツイチ女子が、金持ちでイケメンだが性格のすこぶる悪い男子高校生に目をつけられ、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げていくラブコメディ。二階堂演じる主人公・桂木早梅、眞栄田郷敦演じる高校生・片岡壱成、岩田剛典演じる旅館の若旦那で壱成の兄・片岡成吾の三角関係が描かれる。

先週放送された第3話では、壱成が早梅の不倫夫に制裁を加えたシーンに反響が。ネット上では「カッコいい」「スカッとした」の声が。また、早梅が泣いた際に箱ティッシュを差し出した壱成の行動には「惚れた」「箱ティッシュなのが萌え」とのコメントがあった。

<第4話あらすじ>
早梅(二階堂)は初恋の相手・成吾(岩田)との10年ぶりの再会に動揺していた。成吾が早梅に優しく接すれば接するほど仲居たちの嫌がらせも増し、ある日、旅館から早梅の靴がなくなる事件が起こる。茶房のマスター・黒瀬洸也(金子ノブアキ)からそのことを聞いた壱成(眞栄田)は、兄・成吾への対抗心をあらわにする。早梅はそんな壱成に10年前の出来事を正直に話して聞かせるのだった。

そんな折、旅館に芸能事務所社長の西園寺から宴会の予約が入る。西園寺は超VIPの常連客で、年に数回大宴会を開く。女性従業員は立ち入り禁止で、「S会」と呼ばれ恐れられていた。予約当日、やって来た西園寺はお気に入りの成吾が留守と知り、とたんに不機嫌に。

代わりに他の男性従業員が接客にあたるが、次々とメンタルをやられ退散。その状況を見かねた早梅は、覚悟を決め座敷に上がるが……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル