top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

8・15後楽園でKO-Dタッグ王座争う竹下&勝俣と秋山&岡田がバチバチに火花を散らし両軍共に勝利宣言【DDT】

TOKYO HEADLINE

 DDTプロレスが8月2日、東京・千代田区の神田明神内で記者会見を開き、同15日の東京・後楽園ホールでKO-Dタッグ王座をかけて激突する、王者の竹下幸之介、勝俣瞬馬組と挑戦者の秋山準、岡田佑介組がバチバチに火花を散らした。

 当初、同大会では準烈の秋山、大石真翔組が同王座に挑戦する予定だったが、大石が腰の負傷により欠場となり、いったんは流れてしまった。その後、7月24日の大阪・和泉大会で岡田が準烈入りと、タッグ王座挑戦をアピール。これを王者組が受諾し、秋山のパートナーが代わって、タイトル戦が行われることになった。

 DDT入団後、初のタイトル戦になる岡田は「もともと大石さんがやる予定でしたけど、欠場になってしまって。この状況で、黙っておれんと、準烈のメンバー入り、タッグ王座挑戦表明をさせていただきました。8月15日は、秋山さんとのタッグで死に物狂いでいきたい」と決意表明。

 秋山は「大石選手がケガでどうなるかと思いましたけど、岡田が手を挙げてくれて。(和泉で)結果を残してくれて。師弟コンビで初めてタイトルマッチということで楽しみにしてます。岡田に任すところは任せて、しっかり締めて、最後はベルトをもらいたいと思います」と王座獲りを宣言。

 一方、勝俣は「岡田選手とは同い年で、キャリアは僕のほうが上。岡田選手がDDTに来て、絡むことがなかったんですけど、この前(和泉で)戦って取られてしまったので、借りを返すつもりでいます。秋山選手に関しては、タッグリーグで3カウント取ってるんで。そのチームワークで勝てたらいいなと思います。この2人でやっとつかんだベルト。初防衛戦で負けるわけにはいかないので、しっかり防衛したい」と王座死守を誓った。

広告の後にも続きます

 竹下は「僕たち、KO-Dタッグのベルト、時間がかかってやっと獲れたベルト。秋山選手、岡田選手は師弟コンビ。こっちもある意味、師弟コンビ。オールアウトのときから、いろいろ教え込んできたつもりで、やっとタッグベルト獲れて。師弟コンビといえど、今は勝俣に絶大な信頼と安心感を覚えてるんで。僕は秋山準一人に照準を絞っても、試合を勝俣に任せられるくらい信頼があるんで」と防衛に自信を見せた。

 挑戦者チームが代わったことについて、勝俣は「特に変わらない。1回なくなって、ちょっと(気持ちが)下がりましたけど、こんな強いタッグチームと初防衛戦ができるのはうれしい」、竹下は「僕も同じ。後楽園のメインでタッグ選手権というのは非常に思い出深いものがあります。しっかりいい試合、熱い試合で防衛して、(8月21日の)富士通スタジアムに勢いをつけたい」と話した。

 秋山、岡田組がタッグ王座に挑むのは初となるが、岡田は「全日本で師匠として、僕のプロレスの基礎を全部教わったのは秋山さん。全日本時代、秋山さんと純粋な2人だけのタッグは僕の記憶では1回しかなくて、あとは6人タッグだったりで。DDTに来て、タッグを組んでやるのは感慨深い。しかもタイトルマッチ。僕が持ってる今のプロレスを勝俣選手、竹下選手にたたき込みたい。プラス、DDT選手全員、ファンの人に俺のプロレスを見せたい。そのなかで、秋山さんとこのベルトを獲って、僕たちが一番すごいんだよというのを見せたい。その自信はメチャクチャある」と意気込んだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル