top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

那須川天心が対戦決定の鈴木真彦に「試合より大事なことがあるというのは考えられない」【9・23 RISE】

TOKYO HEADLINE

新型コロナの影響で鈴木に白羽の矢

 RISEが8月2日、東京都内で「RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA」(9月23日、神奈川・ぴあアリーナMM)の対戦カード発表会見を行い、那須川天心(TARGET/Cygames)と鈴木真彦(山口道場)が対戦することを発表した。

 那須川は来春でキックボクシングを“卒業”しボクシングに転向することが決まっており、キックの試合はあと3試合となる。

 2人は2015年に行われた「BLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント2015」の1回戦で戦い、那須川が1RKO勝ちを収めている。

 この敗戦から鈴木は打倒・那須川を掲げ、2018年には那須川との対戦を狙い戦いの場をRISEに移し、2019年には那須川が返上したRISEバンタム級王座も獲得。敗戦から20連勝を記録し、昨年秋に行われた「RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメント~」に出場したものの決勝で志朗(BeWELLキックボクシングジム)に敗れ、対戦を実現させることはできなかった。

 鈴木は今年6月に行われたRIZINの東京ドーム大会の那須川の相手としてオファーがあったが断ったことをSNSで明かしていた。那須川戦は幻に終わるかと思われたが、新型コロナウイルスの影響で海外から選手を呼ぶことが困難な状況の中で「志朗の次に那須川天心と戦うのに適任なのは鈴木真彦」(伊藤隆RISE代表)と鈴木に白羽の矢が立った。

鈴木「みんな“どうせ負けるやろ”と思っていると思うがひっくり返したい」

広告の後にも続きます

 鈴木は「2015年にBLADEのトーナメント那須川選手に敗れてからずっとリベンジしたいという思いでここまでやってきた。昨年11月に『那須川天心挑戦者決定トーナメント』で敗れた時は、もうあかんのかなと思ったが、このような再戦の機会をいただいて感謝している。やるからには思いっきり盛り上がるような試合をしたい。6年前は何もできずに負けたが、成長した姿を見せられたらと思う」などとやっと実現する再戦への意欲を見せた。

 RIZINからのオファーについてはあったことを認めたうえで「プライベートの諸事情」を理由に断ったことを明かした。そのうえで今回のオファーを受けたことについては「コロナで外国人選手が入国できないので、これも運命なのかなと思う」と語った。

 那須川については「6年前は何もさせてもらえずに負けてしまったのであまり覚えていないが、世界で一番強い選手だと思っている」とその強さを認めつつも「どの選手もそうだと思うが、試合をやる前から負けるつもりはないと思う。倒しに行こうと思っている。チャンスがあれば1Rから行きたいが試合になってみないと分からない。みんな“どうせ負けるやろ”と思っていると思うが、そこをひっくり返したい」と勝利への執念を見せた。

那須川「僕は格闘家なので試合が一番大事」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル