top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

織田裕二の切ない表情に思わずもらい泣き…!「ボクの妻と結婚してください。」(2016)

エンタメウィーク(映画)

織田裕二の切ない表情に思わずもらい泣き…!「ボクの妻と結婚してください。」(2016)

解説

織田裕二の4年ぶりとなる映画主演作で、2014年に舞台化、15年にドラマ化もされた放送作家の樋口卓治による同名小説を映画化。数多くのレギュラーを抱え、忙しい毎日を送るバラエティ番組の放送作家・三村修治は、体に異変を感じて検査を受けるが、その結果は余命わずか6カ月の末期のすい臓がんという信じがたいものだった。放送作家として、世の中のさまざまなこと「楽しい」に変えて来た修治は、自分がいなくなったあとも、妻が前を向いて生きていけるようにと、ある企画を思いつく。それは、自分が死んだ後の妻の新たな結婚相手を探すことだった。織田が修治役を、吉田羊が妻・彩子役を演じる。監督は、数多くのドラマを手がけ、「阪急電車 片道15分の奇跡」で映画初メガホンを取った三宅喜重。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

そのタイトルだけでも非常にキャッチーな本作。余命少ない放送作家の男が、自分の妻と息子を残して去る前に彼らに自分の代わりとなる夫・父親を探そうと奮闘する物語です。原作者の樋口卓治も放送作家というから、なんかすごいですよね。

本作はとにかく原作が素晴らしく、この映画の前にも既に舞台化、ドラマ化されています。しかも韓国の映画制作会社が映画化権を購入し、韓国リメイクを製作する可能性もあるようです。

末期の膵臓癌を患った主人公を演じるのは、『躍る大捜査線』でもお馴染みの織田裕二。妻に吉田羊、そして“後任の新夫候補”となる男を、原田泰造が演じています。キャストを知らずに見ると「泰造かい!」とツッコんでしまうも、それをすぐに撤回したくなるほど彼の演技がすごく良い。ザ・いい人の伊藤さんと完全に同期していましたね。

吉田羊も強気で不器用だけど、夫のことが大好きな奥さんを好演していましたし、なにより織田裕二…! 織田裕二の顔は、何故あんなに動くんだろうというか、彼が泣くともうこっちもつられて泣いてしまうわけですよ。役の良さもあるけど、彼の演技力というか表情による感情の説得力には脱帽。

子供もめちゃくちゃ良い存在感だったし、今はなき大杉漣さんもかっこいい役柄で登場していました。


「ボクの妻と結婚してください。」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル