top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

賀来賢人“音羽”の決断と鈴木亮平“喜多見”の信頼に「胸アツすぎた」

テレビドガッチ


鈴木亮平が主演を務める日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の第5話が、8月1日に放送。賀来賢人演じるMERの医師・音羽尚の活躍に、ネット上では絶賛の声が相次いだ(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、“一人も死者を出さない”ために奮闘する救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描く医療ドラマ。

喜多見幸太(鈴木)らMERのメンバーが勤務する東京海浜病院のエレベーターが故障によって緊急停止。中には喜多見の妹・涼香(佐藤栞里)と妊婦、そして、音羽と大物政治家の天沼夕源(桂文珍)が乗り合わせていた。MER解体の指令を受けている医系技官の音羽は、すぐにMERの出動を要請。MERを発足させた都知事の赤塚梓(石田ゆり子)を失脚させたい天沼に「身内をひいきした職権乱用だったとマスコミに流せば、MERへの批判は高まります」と耳打ちする。

そのとき機械室から火災が発生し、エレベーターの内部に煙が充満。さらに、陣痛で苦しんでいた妊婦の容態が急変し、音羽は胎児のへその緒が出ている臍帯脱出の可能性があると診断する。レスキューによる救出活動は行われているものの、エレベーターの扉が開くまで最短でも5分。現状を把握し、おそらく胎児が仮死状態にあると判断した喜多見は、緊急の帝王切開を提案する。

一方、MER解体を指示した厚生労働大臣の白金眞理子(渡辺真起子)は、無線で音羽に天沼の救助を優先するように命令。しかし、喜多見から「音羽先生、あなたの判断に任せます。あなたは医者ですから」と言われた音羽は、「天沼先生の救助は後回しにしてください。今すぐオペが必要です」と返す。こうして母子の命を救うための手術がエレベーターの中で始まった。

音羽が医系技官を志したきっかけも明かされた今回。ネット上では「号泣」「音羽先生が最強すぎる」「2人の互いへの信頼も胸アツすぎた」「今回特に感動した」「神回すぎた」「面白すぎるし好きすぎる」などのコメントが寄せられた。

次回8月8日放送の第6話では、小学生が山中で失踪する謎の事件が発生。現場に向かった喜多見は、子供たちを捜索して治療するため、メンバーを分散させる。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル