top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

タイトル2連戦を前によもやのタッグ結成の秋山準と竹下幸之介がともに絶好調ぶりをアピール【DDT】

TOKYO HEADLINE

8・15後楽園でKO-Dタッグ戦、8・21川崎でKO-D無差別級戦へ

 DDTプロレスが8月1日、東京・新宿FACEで「ビアガーデンっぽいプロレス2021【DAY3】」を開催。メインイベントの「毎年恒例!お客様抽選6人タッグマッチ」でよもやのタッグを結成した秋山準と竹下幸之介がタイトル2連戦を前にともに絶好調ぶりをアピールし、一歩も引かない姿勢を見せた。

 両者は同15日の東京・後楽園ホールでKO-Dタッグ選手権(王者=竹下、勝俣瞬馬組vs挑戦者=秋山、岡田佑介組)、同21日の神奈川・富士通スタジアム川崎でのKO-D無差別級選手権(王者=秋山vs挑戦者・竹下)と王座をかけた2連闘を控えている。この2人がタッグを組むのは、2016年7月14日(全日本プロレス)、後楽園での秋山、竹下組vs宮原健斗、ジェイク・リー組戦以来、丸5年ぶりとなった。

 大会のオープニングで行われた観客による抽選で、メインカードは秋山、竹下、遠藤哲哉の豪華トリオと、上野勇希、樋口和貞、吉村直巳のDNA世代軍の対戦に決定。これも運命のいたずらなのか、秋山と竹下は同じコーナーに立つことになった。

 秋山組が登場すると、ふだんと違って、この日はやたらテンションが高い遠藤が「ビアガーデンはお祭りだから」として、竹下、秋山と握手。かつて、竹下と遠藤はアントーニオ本多、トランザム★ヒロシとともにユニット「ハッピーモーテル」で一緒に戦っていたが、遠藤は秋山を本多に見立てると、秋山はよくワケが分からないまま受け入れて、竹下と握手を交わした。

 試合は竹下と樋口が豪快なショルダータックル合戦を繰り広げ、サウナカミーナの同志である竹下と上野は激しいエルボーの打ち合いを展開。樋口は強烈なチョップ連打を秋山にたたき込むなど、熱戦が続き、あっという間に20分が経過。秋山が上野にエクスプロイダー、竹下が樋口にジャーマンを見舞うと、遠藤が吉村に旋回式トーチャーラックボムからシューティングスター・プレスを投下して3カウントを奪った。

広告の後にも続きます

 遠藤は「年に1回のハッピーモーテル復活。今日ぐらいは、ビアガーデンというお祭りなんで、そんな争いごとはいったん忘れて、皆さん楽しみましょう。竹ちゃん、1年ぶりだね。去年は裏切っちゃってごめんね」とマイク。

 竹下は「今日みたいにやさしいてっちゃんだったら、また組んであげてもいいよ。今日はてっちゃんの言葉にうまく乗せられて秋山さんと組みましたけど、8・15後楽園のタッグ選手権、8・21富士通の無差別級選手権では、思いっきりぶつかっていくんで覚悟しといてください」とアピール。

 秋山は「俺はハッピーモーテル知らないんだよ。8・15、8・21、思いっきりお互い絶好調でいこう」と返した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル