top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

関東一vs修徳、帝京vs二松学舎大附、全国レベルの東東京大会準決勝を制するのは

高校野球ドットコム


左から床枝魁斗、市川祐、秋山正雲、武藤闘夢 ※写真は過去の大会より

 東東京大会の準決勝は関東一vs修徳、帝京vs二松学舎大附と名門校同士の対決が実現する。そんなこの試合の見所についてご紹介したい。

 まず修徳vs関東一。関東一はここまでの全試合コールド勝ちと安定した戦いぶりで勝ち上がってきた。エース・市川 祐は安定感抜群の好投手で、ストレートも常時140キロ中盤を叩き出せるようになっており、パワーアップを遂げている。打線は春に比べてワンランクレベルアップしており、さらに足も使える。機動力、守備力ともに全国クラスに達しており、戦術の幅が広い。

 修徳は145キロ右腕・床枝 魁斗が都立小山台戦で無失点の快投を演じ、大会の中で成長を見せている。ただ球数が気掛かりで、日大豊山戦で好リリーフを見せた山本 寛大も控える。

 打線は浅村 栄斗タイプのスラッガー・佐藤 大空が今大会2本塁打を放ち、調子を挙げている。その2本は、日大豊山・玉井 皓一朗、都立小山台・木暮 瞬哉と都内を代表する好投手から本塁打を放っており、ポイントが非常に高い。市川相手にもしっかりと勝負できる打者といえよう。

 お互い打力も高く、3点〜5点の勝負になりそうだ。

広告の後にも続きます

 二松学舎大附vs帝京といえば、年始の番組の影響で大きく注目度が高まったカードだが、もとから両校は甲子園出場をかけて熱い戦いを繰り広げていた。

 二松学舎大附は関東一と同じく、4回戦から3試合続けてコールド勝ち。ペース配分を覚え、実戦力が大きく高まった146キロ左腕・秋山 正雲は簡単に打ち崩せないものがある。また打線も4番・関 遼輔を中心に上位下位切れ目のない打線が特徴で、代打陣にも長打力のある選手が揃い、気が抜けないチームだ。

 帝京は総力戦で勝ち上がってきた。投手は130キロ後半の速球を投げ込む1年右腕・高橋 蒼人、本格派右腕・安川 幹大、130キロ中盤の速球を投げ込む大塚 智也、技巧派左腕・新垣 飛煕を中心にしのぎきる。

 打線は、俊足の尾瀬 雄大、今大会打撃好調のショートストップ・ 武藤 闘夢、1年生の川本 虎太朗と能力が高い選手を揃える。

 この試合は二松学舎大附は先制して主導権を持っていきたい。帝京はこれまでの試合で集中打で相手投手を攻略しているように、秋山相手にも集中打で得点を加点していきたい。

(文=河嶋 宗一)




TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル