top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

8月に気をつけたい防災キーワード「ゲリラ豪雨」!

防災ニッポン

低気圧や前線にともなう通常の雨は、雲が出始めてから半日から1日程度で雨が降りだします。しかし、ゲリラ豪雨は数十分で積乱雲が発生し、短時間のうちに大雨をもたらします。
またゲリラ豪雨は範囲が非常に狭いため、どこに積乱雲が発生するかをピンポイントに予想することもできません。「ここでゲリラ豪雨が発生しているのに、隣町は快晴!」といった状況になることも多いのです。

ゲリラ豪雨はどのような災害をもたらすのでしょうか。8月のゲリラ豪雨による災害例を以下の表にまとめました。

(参考:「気象庁」―「各種データ・資料」―「災害をもたらした気象事例」https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/bosai/report/index_1989.html
(参考:「気象庁」―「知識・解説」―「急な大雨や雷・竜巻から身を守るために」―「『雷』による災害」https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tenki_chuui/tenki_chuui_p4.html

ゲリラ豪雨による主な被害は浸水・土砂災害・落雷です。ゲリラ豪雨が発生すると、短時間のうちに浸水・土砂災害が発生しやすくなり避難の遅れにつながります。また屋外にいる場合は落雷に遭うリスクも高まります。

ゲリラ豪雨による被害を避けるには?

ゲリラ豪雨のピンポイント予想はできませんが、ゲリラ豪雨が起こりやすい気象条件は事前に分かります。どういう情報に注意すればよいのかを見ていきましょう。

1日~数日前

広告の後にも続きます

ゲリラ豪雨が発生しやすい気象条件が予想される場合、気象庁が前日~数日前に「大雨と雷、および突風に関する気象情報」を発表します。前日になると、ニュースなどでも「大気の状態が不安定」「上空に寒気が入る」といった言葉を耳にすることになります。

当日

通常の大雨であれば、事前に「大雨警報」や「洪水警報」などが発令されるため、警報を避難の目安にすることができます。しかしゲリラ豪雨に関しては短時間で一気に雨量が増えるため、警報が発令されるときにはすでに災害が発生している可能性もあります。
警報が発令されたら避難や身を守る行動を取ることはもちろんですが、警報が発令されていなくても、雨の降り方に怖さを感じるときは早めに避難してください。

また、気象庁のナウキャスト(https://www.jma.go.jp/bosai/nowc/)を使って、雨雲や雷の状況をチェックすることも災害対策の1つです。ナウキャストは5分ごとに更新されるため、ほぼリアルタイムの気象情報を把握できます。

雨雲レーダーや雷ナウキャストで黄色の部分が出てくると、ゲリラ豪雨をもたらす積乱雲が発達しているサインです。落雷から身を守るために家や頑丈な建物に避難し、浸水から身を守るために建物の2階以上に避難してください。また近くに山がある場合は土砂災害のリスクがあるため、山から一番遠い部屋や場所で過ごしてください。

外出中にゲリラ豪雨が発生して道路や駅が水浸しになった場合、足元の状態が分からなくなり歩行中に側溝や水路などに落ちてしまう可能性があるので危険です。足元を1歩1歩注意しながら、浸水していない場所に移動して水が引くのを待ってください。地下街や地下駐車場などは水が流れ込んで危険なので、地下空間には絶対に入らないでください。

また運転中にゲリラ豪雨に遭遇して道路が冠水すると、道路状況が分からなくなります。冠水した道路で車を走らせると、エンジンに水が入って走行不能になることもあります。近くのコンビニやスーパーなどの駐車スペース、もしくは路肩に車を止めて雨が落ち着くのを待ちましょう。アンダーパスのように、周囲より低い場所は水がたまりやすいため車で近づかないようにしてください。

<執筆者プロフィル>
田頭 孝志
防災アドバイザー/気象予報士

田頭気象予報士事務所。愛媛の気象予報士・防災士。不動産会社の会員向けの防災記事、釣り雑誌にコラムの連載・特集記事の執筆、BS釣り番組でお天気コーナーを担当したほか、自治体、教育機関、企業向けに講演を多数、防災マニュアルの作成に参画。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル