top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

優勝候補の野杁正明に安保瑠輝也「勝てないと思っていたら階級を上げていない」【9・20 K-1】

TOKYO HEADLINE

ウェルター級王座決定トーナメント開催

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」(9月20日、神奈川・横浜アリーナ)の第1弾カード発表会見が7月31日、東京都内で開催された。

 今大会では初代王者の久保優太の王座返上により空位となっていたウェルター級の王座決定トーナメントが開催される。

 K-1では世界王座を決めるトーナメントについては新型コロナウイルスの影響による入国規制で海外の選手の入国が困難な状況のうちは行わない方針を掲げていた。9月大会については海外からの強豪を招聘してのトーナメントを開催すべくスポーツ庁ら関係各所と調整を続けたが、緊急事態宣言の発令や東京五輪開幕後の新型コロナの感染者数の増大などにより、外国人選手の招聘が困難と判断。今後もいつになったら外国人選手を呼べるか分からないことやトーナメントに向け準備をしてきた選手たちのコンディション等を考慮し、国内にいる選手で王座決定トーナメントを開催することを決断した。

 1回戦は(1)小嶋瑠久(PURGE TOKYO)vs 寧仁太・アリ(K-1ジム総本部チームペガサス)、(2)野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)vs 加藤虎於奈(EAM TOP ZEROS/LARA TOKYO)、(3)安保瑠輝也(CLUB es/team ALL-WIN)vs アラン・ソアレス(ブラジル/ブラジリアンタイ)、(4)松岡 力(K-1ジム五反田チームキングス)vs マキ・ドゥワンソンポン(タイ/真樹ジムAICHI)の組み合わせ。(1)と(2)、(3)と(4)の勝者が準決勝を戦い、その勝者が決勝で対戦する。

 海外からの強豪の招聘こそならなかったが、K-1スーパー・ライト級の第2代王者・野杁、第4代王者・安保、Krushウェルター級の現王者・松岡、前王者・加藤と実力者が揃った。またソアレスはFIGHT DRAGON-67kgとGOLD RUSH-67㎏のベルトも獲得した実力者。ドゥワンソンポンもムエタイで100戦以上の戦績を誇り、通算108戦78勝(5KO)28敗2分という強豪。今年3月の「K’FESTA.4 Day.1」でK-1に初参戦し、近藤魁成に判定負けを喫したが、真っ向から打ち合い熱戦を展開。K-1ルールでも十分戦えることを証明した。

広告の後にも続きます

 アリはプロデビュー後、5戦5勝で、前戦では元Krushウェルター級王者の山際和希に判定勝ちを収め、その実力を見せつけた。1回戦でアリと対戦する小嶋はK-1甲子園で優勝し、将来を嘱望されるファイター。2018年にはその後、Krush王者になる加藤に判定勝ちを収めている。

松岡「“ザ・普通”の自分が優勝するのも面白い」

 今回のトーナメント出場にあたり各選手は以下のようにコメントした。

 アリ「豪華な選手がそろっているトーナメントに選ばれてうれしく思う。自分はまだ無敗なので、無敗のまま優勝できるように頑張る」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル