top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

興國vs履正社

高校野球ドットコム

興国劇的サヨナラ呼んだ「守備&犠打」

 履正社vs興國の一戦は壮絶な試合となった。

 春にも対決しており、興國が勝利しているが、夏は苦しい戦いになると想定していた喜多 隆志監督は「うちはスター選手もいないので、束になって戦う必要がある」と語るように、試合序盤から攻めの姿勢を貫いた。喜多監督はファーストストライクから打っていくことを指示した。

 1回裏、履正社の先発・ 金澤 祐太を攻め立て、一死一、三塁から4番・池上巧馬の犠飛で1点を先制する。どの選手も安定感のある構えからボールを手元まで呼び込んでレベルスイングができる。理にかなった打ち方をしている選手が多く、相当鍛えられているのが分かる。

 興國の好左腕・田坂 祐士はストレートのスピードは常時130キロ~135キロと数字だけ見れば、特別抜けたわけではないのだが、球筋、フォームを見るとかなり良い投手というのが分かる。セットポジションから始動し、スリークォーター気味に腕を振っていくのだが、テークバックが小さく、シャープに腕を振っていく。

 ストレートは回転数が高く、特に高めのストレートに対しては思わず空振りをしてしまうほどの切れ味がある。変化球は高めに浮くことがあり、田坂はストレート中心の攻め。履正社はストレートと分かっていても詰まってしまう。5回まで1安打に抑えた。

広告の後にも続きます

 履正社の金澤は右スリークォーターから130キロ前半(最速133キロ)の直球、120キロ前半のフォーク、大小のスライダー、カーブと球種が多彩。初回こそボールが高めに浮いていたが、変化球の割合を増やし、タイミングを外すことを意識した投球パターンで、興國打線を抑えていく。

 しかし5回裏、二死一塁から3番・山田 直也の右前安打で一、三塁とチャンスを広げ、4番池上が変化球を捉え、適時打で2点目。履正社は金澤がマウンドに降り、エースの渡辺 純太がマウンドに登る。渡辺も押し出し四球を与え、興國が5回を終わって3対0とリードした。

 だが7回表、履正社打線が反撃開始。三木太介の二塁打から始まり、真鍋 蒼次朗の中越え二塁打で1点を返し、無死満塁から押し出し四球、二死満塁から4番松林 克真の左前適時打で1点を返す。そして5番片山が放ったレフトの大飛球を興國のレフト・渡部 颯が背走しながらキャッチ。最後はフェンスにぶつかりながらも執念の捕球だった。これが両チームにとっても大きなプレーだった。

 勝ち越しを狙う履正社の渡辺純は常時130キロ中盤~138キロの直球を両サイドに投げ分け、さらに120キロを超える切れのあるスライダーも低めに集まり、強打の興國打線を抑えていく。

 また興國の左腕・大江 遼也(3年)は120キロ中盤の速球と決して速くないのだが、110キロ近いスライダー系の変化球が大きく曲がる。強打者揃う履正社相手にも臆せず勝負ができる。興國の捕手・山下 健信は「夏にかけて度胸が強くなってきた」とメンタル面の成長を称える。

 試合は9回、そして延長12回まで決着がつかず、13回に突入した。13回から無死一、二塁のタイブレークとなり、まず履正社は犠打で進め、9番渡辺純の遊ゴロの間に1点を勝ち越し。しかし興國もバッテリーミスで追いつき、14回表を無失点に抑えると、14回裏、一死満塁のチャンスを作り、2番・中村 完爾の右越え適時二塁打でサヨナラ勝ち。興國は46年ぶりの決勝進出を決めた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル