top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大阪桐蔭vs関大北陽

高校野球ドットコム

大阪桐蔭が粘り腰で壮絶な一戦に勝利、将来性豊かな選手多い関大北陽

 壮絶な試合となった大阪桐蔭vs関大北陽の一戦。両チームとも打者、投手のレベルが高い見ごたえのある一戦だった。

 まず1回表、大阪桐蔭は無死満塁から4番花田 旭の併殺で1点を先制。5番前田建伸の右翼線を破る三塁打で2点目を奪った。

 しかし1回裏、関大北陽は、大阪桐蔭の先発・竹中 勇登に襲いかかり、1番勝田成の中前安打、3番山田 悠平の中前安打で一死一、三塁のチャンス。二死となって、5番田中 蓮の適時打で1点を返し、6番牛尾 陽介の左翼線を破る適時二塁打で二者生還して、逆転に成功する。竹中は常時130キロ中盤~138キロ、120キロ中盤のスライダーを投げ分ける右の好投手で、そういう投手からレベルスイングでしっかりとアジャストできる関大北陽の対応力の高さは素晴らしい。

 しかし2回表、大阪桐蔭は7番野間 翔一郎の右前安打、8番松尾 汐恩のヒットエンドラン(右前安打)で無死一、三塁。ここで関大北陽の春山 笑歩が降板。春山はなかなかの好投手で、足を上げた後、インステップ気味に踏み込んだ後、一瞬の間がある。そのフォームから常時120キロ後半~133キロと、120キロ近いスライダーを投げ分けたり、大阪桐蔭の打者でなければ好投手として見られている投手だ。2番手には190センチの大型左腕・田中 仁が竹中に同点適時打を浴び、試合は振り出しに戻った。

 そして4回表、6番野間が四球で出塁すると、7番松尾は深めの守備が幸いし、左前安打。野間は俊足を飛ばして一気に三塁へ陥れると、9番竹中は浅めの左犠飛。野間は俊足を飛ばして生還。さらに二死三塁から2番藤原 夏暉が二塁内野安打。今年の大阪桐蔭は俊足選手揃いというより、一歩でも先を行く走塁を目指している用に感じられる。0.1秒、0.01秒でも早く。そんな執念が見えるのだ。

広告の後にも続きます

 5回表には4番花田の二塁打から一死三塁とした後、6番宮下 隼輔のスクイズで1点を追加。どんな形でも追加点を取る姿勢が見える。攻撃内容に全くの無駄が感じられない。

 ただ関大北陽は遊撃手で主将の山田 悠平がマウンドに登ってから落ち着き始めた。6回裏、関大北陽は二死から7番梶井の二塁打、8番真鍋の適時打で2点差にすると、7回表、一死一、二塁のチャンスから4番辻が右中間を破る適時二塁打で一気に二者生還。6対6と試合を振り出しに戻る。

 3番手の山田は投手としても素晴らしい逸材だ。ゆったりとした足上げから内回りのテークバックから鋭く腕をふる右投手。常時130キロ中盤~138キロの直球は威力があり、120キロ前半のスライダーの切れ味も素晴らしい。強く腕を振ることができており、甘い球が少ない。打者としても本塁打性の当たりを見せており、打撃フォームに癖がなく、勝負強い。西谷監督は山田をかなり警戒していたのか、二度の申告敬遠を使った。攻守にセンスが溢れていて、非常に良い選手だ。

 8回裏から背番号1の松浦 慶斗が登板。常時140キロ~148キロの速球でねじ伏せる松浦だったが、制球が荒れて、満塁のチャンスから犠飛を打たれ勝ち越された。敗退の危機と思われたが、9回表、池田 陵真の同点本塁打が飛び出し、試合は延長戦へ。この本塁打の瞬間、松浦は「一瞬、泣きそうになりましたが(笑)まだ自分は投げられるんだという喜びから、しっかりと投げて抑えようと思いました」とスイッチを入れ、145キロ前後の速球を武器に圧倒。延長戦に持ち込む。

 大阪桐蔭は何度もピンチを迎えたが、松浦は怒涛の粘りでサヨナラを許さない。
 「練習試合では抑えとしてマウンドに登っていて強い相手や厳しい場面で投げることもありましたので、ある程度想定していました。なので、小細工することなく直球中心の組み立てでイキました」
 練習試合から中継ぎとしてマウンドに登っていた経験を活かすことができていた。

 延長14回表、一死満塁から花田 旭が勝ち越し適時打を放つ。
 「前の打席で自分がチャンスを潰していたのでフォームどうこうよりヒットを打とうと思いました」
 執念のタイムリーで2点を勝ち越すと、二死満塁から7番野間 翔一郎が走者一掃の適時二塁打で12対7と突き放した。勝負ありかと思われたが、関大北陽も粘りを見せ、その裏に3得点。2点差まで詰め寄ったが、反撃はここまでだった。大阪桐蔭が3年ぶりの決勝進出を決めた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル