top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『梨泰院クラス』Wヒロインの決定的な違いとは

マイナビウーマン

※このコラムには『梨泰院クラス』結末のネタバレが含まれます

2020年の第4次韓流ブームを牽引してきた韓国ドラマの数々。

中でも『梨泰院クラス』は、Netflixで毎日のように総合ランキング上位にランクインするほどの人気作。『愛の不時着』と同じくらいファンが多い作品の一つではないだろうか。

本作は、高校中退・前科持ちの青年セロイ(パク・ソジュン)が、復讐のために梨泰院で飲食店「タンバム」をオープンし、のし上がっていくサクセス・ストーリー。

経営やビジネスの話が主軸となっているため、ベタなラブロマンスが苦手な人でも自然と物語に入り込むことができる。

広告の後にも続きます

今回は、『梨泰院クラス』に登場する2人のヒロイン――オ・スア(クォン・ナラ)とチョ・イソ(キム・ダミ)に注目し、その対比を分析する。

■セロイの救いを待つ女、オ・スア

ドラマの第1話は、15年前のセロイとスアの出会いから描かれる。

当時からセロイは正義感が強く、自分の信念のためなら先生にも堂々と反抗する高校生だった。そんな変わり者のセロイのことが気になっていたのが、幼なじみのスア。美人で凛とした雰囲気の彼女に、セロイも恋をする。

しかしとある事件がきっかけで身寄りがなくなったスアは、セロイに因縁がある大手外食産業・長家(チャンガ)から奨学金を受け取ることを決める。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル