top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

帝京vs東亜学園

高校野球ドットコム

帝京勝利も伝統継承へ手綱緩めず、二松学舎大附へ挑戦

 東京ドーム で行われる準決勝を目指して、帝京と東亜学園が対戦した。

 試合は2回、帝京が7番・田巻 脩三のタイムリーで先制すると、4回には1番・小島慎也らの二塁打などで一挙4得点と東亜学園を突き放した。

 しかし5回、二死一、三塁とピンチから先発・高橋蒼人に代わって登板したエース・安川 幹大が東亜学園3番・松本 颯斗にレフト前へ運ばれて1点を返される。さらに7回には3番手・大塚 智也が、3番・松本に2本目のタイムリーを許すなど5対3と詰め寄られた。

 それでも、帝京は7回途中から登板した4番手・新垣飛熙が東亜学園の猛追を抑え込み、5対3で帝京が勝利した。

 今大会はノーシードで始まった帝京も、ベスト4まで勝ち上がってきた。次戦からは舞台を東京ドーム に移すことになり、「未知数です」と名将・前田監督でも、若干の不安を感じながら残り2戦を戦うようだ。ただ武藤 闘夢主将は「あと2勝、4日で甲子園出場するチームが決まります。だから短期決戦だと思ってやります」と甲子園出場へ闘志を燃やしており、気持ちは充実している。

広告の後にも続きます

 昨年は東西決戦で敗れたものの、独自大会では見事優勝を果たしている。悲願の甲子園へ、そして先輩たちの良き伝統を引き継ぐ意味でも、今年は非常に大事な世代だ。しかし、秋は都立小山台、春は日本学園の前に敗れ去り、苦い思いをし続けてきた。

 「気持ちを緩めて入ってしまった」と主将である武藤は反省をしつつも責任を感じながらチームをまとめてきたが、結果はついてこない。「心の底から(野球を)楽しめていませんでした」と苦しい日々が続いたという。

 だが春の大会で敗れて以降は「1人1人の意識が変わってきた」とチーム内の空気が変わってきた。また、横堀 樹、野宮ハヤット夢咲から協力をもらい「名目上はキャプテンですが、2人がしっかりしていて助けられています」と重くのしかかっていた責任が少しずつ軽くなった。東亜学園戦では、ショートの守備では軽快に打球を捌き、打っては2打数2安打と本来のパフォーマンスも発揮している。

 「まだまだ発展途上のチームです」とチームの現状には満足していない。前田監督も「5点取ってからの攻撃がダメです」と東亜学園戦の反省点を挙げる。投手陣についても、柱を確立できていないことに、課題を感じているようだが、ベスト4まで勝ち残る実力は本物ではないだろうか。

 伸びしろを残したまま、甲子園まではあと2勝と迫ってきた。準決勝では優勝候補にも挙がる二松学舎大附だ。ライバルを前に発展途上・帝京が、チームとして成熟して決勝の舞台へ勝ち進められるか。そして甲子園への道を切り開けるか。今年の帝京も注目だ。

(取材=編集部)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル