top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

フレッシュな甘酸っぱさがたまらない、信州産あんずの贅沢スイーツ

おいしいマルシェ

私があんずをはじめて食べたのは、果物屋さんではなく、駄菓子屋さんのものでした。

それは、駄菓子屋の片隅に置いてあった、そっけないビニールの袋に入ったあんずのジャム。

梅干しのような味なのかなぁと想像しながら、はしっこを切って絞り出すように食べてみると、口の中いっぱいに広がる強烈な甘酸っぱさに、幼い私はとりこになりました。

それ以来、駄菓子屋へ行くと、まずあんずのジャムをかごに入れてから、ほかのお菓子を買うようになりました。

しかし、それから時が流れ、駄菓子屋に通う年齢を過ぎてしまった私は、あんずのお菓子を食べる機会がすっかりなくなってしまいました。

広告の後にも続きます

それが結婚後、長野県へ訪れることが増えると、あんずがぐっと身近な存在になったのです。

長野県の千曲市は日本一のあんずの生産地といわれています。そのため長野県のお土産屋さんには、あんずを使ったお菓子やジャムなど名産品がたくさん置かれています。

またあんずは、皮が薄く、痛みやすいことから、なかなか生の状態で見かけることはありませんが、初夏に訪れればフレッシュなあんずを食べることも可能なんです。

それからというもの、長野県を訪れると、あんずのお菓子を購入するのが楽しみのひとつになりました。

その中からお取り寄せしてでもリピートしたくなったのが、今回ご紹介する「杏もなか」と「杏花の実」です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル