top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

バターサンド人気の先駆け!北海道産生乳バターが香る「マルセイバターサンド」誕生物語と進化/人気店の定番スイーツ vol.34

おいしいマルシェ

長年愛される「定番」スイーツ紹介の連載、第34回は、今のバターサンドブームの先駆けとも言える「マルセイバターサンド」をご紹介します。言わずと知れた人気商品ですが、オンラインショップ限定バージョンも登場していて話題です。

あのロングセラー商品誕生の秘密

北海道・帯広の老舗菓子店として全国的に知られる「六花亭」は、1933年に創業。当時は「帯広千秋庵」という屋号でしたが、1977年に社名を「六花亭」に変更。その記念として発売したお菓子が、今も多くのファンに愛される「マルセイバターサンド」でした。

ビスケットには「六花亭」専用の小麦粉を使用。挟んでいるのは、ホワイトチョコレートとラム酒漬けのレーズン、北海道産生乳100%で作られるバターを合わせたクリームです。

最近はバターサンドがブームですが、「六花亭」の「マルセイバターサンド」は、ホワイトチョコレート入りならではのミルキーなコクとしっかりした食感のクリームが印象的です。

実は「六花亭」は、1968年に日本で初めてホワイトチョコレートを製造、販売した会社なのです。今や、北海道土産の定番であるホワイトチョコレートを使ったお菓子のルーツだったのですね!

広告の後にも続きます

「マルセイバターサンド」の名称と、「○」の中に「成」の字が入り「バ・タ」の字がそれを挟むデザインのパッケージ。これらは、明治16年(1883年)、静岡県から現在の帯広市へ移民入植し、“十勝開拓の祖”と呼ばれる依田勉三氏率いる「晩成社」の事業に由来しています。

彼らは、十勝原野の開拓を進め、3年後に牧場も開設。牛肉やバターを製造し、函館や東京で販売したそうです。「六花亭」の「マルセイバターサンド」の名前は、「晩成社」が製造したバターの商標「マルセイバタ」にちなんだもので、パッケージも、そのラベルを模したデザインとなっています。

オンラインショップ限定の冷凍版はサクサク感がUP!

オンラインショップ限定で、「冷凍マルセイバターサンド」も発売され、話題となっています。

これまでは、日持ちが製造から9~10日程度でしたが、-18℃以下の冷凍保存で約23日間と長くなりました。食べたい時に食べたい個数を、好みの固さに解凍して食べることができます。

製造してすぐに冷凍されるため、ビスケットも作りたてのサクサク感が保たれているのが特徴。私も、イメージしていた食感と違っていたので、あれっと驚きました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル