top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

何通りもの使い道!災害時にはこんなに便利「ポリ袋」活用法

防災ニッポン

身近なアイテムの中に、非常時には便利な防災グッズに変身するものがあるんです。しかも工夫次第で何通りにも使えるから、限られたスペースでの備蓄に向いています。
今回紹介するのは、「ポリ袋」の使い方です。何通りもの使い方ができて、防災用備蓄のアイテムとしておすすめです。

ポリ袋の種類別!非常時に便利なポリ袋の使い方

ポリ袋には色々なサイズや種類があることはご存じでしょうか。それぞれに適した活用法があるんです。

この記事では、3種類のポリ袋の使い方を紹介します。

(1)大きいポリ袋(30Lまたは45L程度のもの)
(2)小さいポリ袋
(3)食品用ポリ袋(湯煎ができるタイプ)

(1)大きいポリ袋(30Lまたは45L程度のもの)の活用法

ゴミ袋としてもよく使われる、30Lまたは45L程度の大きさのポリ袋(写真は30Lサイズ)。大きさをいかすと、こんなふうに使えます。

簡易トイレになる

広告の後にも続きます

水が使えなくなった際の簡易トイレに使います。

便座を上げて、広げたポリ袋を1枚かぶせてから便座を下ろします。便座の上からもう1枚ポリ袋をかぶせ、その上にちぎった新聞紙を乗せます。その上からいつも通りに用を足します。終わったら上のほうのポリ袋を縛って処理すればOK。次に使う時は便座の上にポリ袋を1枚かぶせ、ちぎった新聞紙を乗せます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル