top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「菅さんは本心を見せなかった」菅首相の素顔に迫る映画初日舞台挨拶で古賀茂明氏らが“パンケーキ政権”バッサリ

TOKYO HEADLINE

 

 映画『パンケーキを毒見する』初日舞台挨拶が30日、都内にて行われ、本作に出演した古賀茂明氏、前川喜平氏と内山雄人監督、河村光庸プロデューサーが登壇。元官僚の古賀氏、前川氏が舌鋒鋭く菅首相の人物像を語った。

 日本アカデミー賞受賞作『新聞記者』を手がけたスターサンズが菅政権の正体に迫ったドキュメンタリー映画。日本映画史上初めて、現役政権のトップを題材にした映画。

 河村プロデューサーは「安倍政権の中枢にいながら何者なのか皆さんに届いてない菅義偉という人物に迫りたかった」と振り返り、昨年9月に内閣総理大臣に就任した際、菅首相が記者たちとパンケーキを食べながら懇談したというエピソードにちなみ「すぐにこのタイトルに決め、映画の公開時期も(五輪の)ど真ん中にやろうと決めた」と振り返った。

 内山監督はタイトなスケジュールを振り返りつつ「しかも菅さんを直接撮れない。とにかく全部に取材を断られる」と、周辺取材も軒並みNGだったことを明かし苦笑。

広告の後にも続きます

 本作の企画に協力した古賀氏は「こういう問題に関心を持っていて理解力がある人は生真面目な人が多く、監督選びが難しい。とにかく菅批判をしないとダメだという人もいた。最後に内山さんが受けてくれて、上手くまとめていただいた」と内山監督の手腕をたたえた。

 古賀氏は「一度だけ菅さんとじっくり話したことがある。当時、菅さんは官房長官。堺屋太一さんから突然、菅さんに会うから一緒に来て、維新の会について説明してほしい、と言われた。そのころ、ちょっと間違って橋下徹さんの手伝いをしていたので(笑)。いろいろ話したが、菅さんはほとんどしゃべらない。そうですね、そうですか、ばかりで本心を見せない。それが優しそうなおじさんと映って若者に人気になっていたが全然違う。頑固で攻撃的、改革する自分に酔うナルシストというのが僕の菅さんのイメージ」と話し「最近は攻撃的だけど形の上で謝る姿を見せているが、本当はコロナなんて増えてもいいと思っているんじゃないか。国民はバカだから選挙のころには忘れてるだろう、と」と手厳しく語った。

 さらに古賀氏は「日本は一応、民主主義だから政府批判をしても牢屋に入ることはない。いじめられますけど」と苦笑しつつ「国民がしっかりしていれば安倍政権なんてとっくにつぶれていた。でもあれだけ続いたのは、メディアがちゃんと国民に伝えてなかったから。独立して政府を監視できるマスコミが必要。これが今の日本の問題」と話し、前川氏も「今、政治が教育、特に道徳教育にすごく関わってきている。マスコミもコントロールし、従順な羊のような国民を作ろうとしているのか」と案じた。

 内山監督も「取材は拒否されたが、パンケーキ懇談会の話を、ある記者から聞くことができた。なぜ行くのかと聞くと“行くのは当然。総理の言葉、一挙手一投足を拾いに行くのが全国紙の仕事”と疑いもなく言い切っていた。かといって政権の裏に切り込むでもない。目の前にぶら下がった言葉を取りに行くだけ。ネットで情報があふれている今、これでこの先、新聞が売れるのか」と首を傾げ、河村プロデューサーも「『新聞記者』のときもテレビメディアが扱おうとしなかった。今日もテレビ局が(取材に)来てない。国内メディアが問題提起しない」と危機感をあらわにしつつ「どこかの党を支持するといったことではなく、間違っていることは間違っていると言う姿勢をマスコミには持ってほしい」と訴えた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル