top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ケーンクラチャン森林郡がユネスコ世界遺産に登録」タイ国政府観光庁

GLOBAL NEWS ASIA

 2021年7月27日、タイ国政府観光庁(TAT)は、ケーンクラチャン森林郡がタイで6番目となるユネスコの世界遺産に登録されたことを発表した。

 ケーンクラチャン森林郡は面積が464,000ヘクタールあり、プラチュアップキリカン県、ペッチャブリー県、ラーチャブリー県の3県にまたがるタイ最大の国立公園。

 1991年にトゥンヤイ・ファイ・カ・ケン野生生物保護区群、2005年にドン・パヤーイェン-カオ・ヤイ森林群が登録され今回3番目の自然遺産登録となった。

 ケーンクラチャン森林郡は、半常緑樹と湿った常緑樹が優勢で、落葉樹林、山地林、落葉性フタバガキ林が混在しています。世界的に絶滅の危機に瀕している鳥類、シャムワニ、野生犬などの絶滅危急種の他、トラ、スナドリネコ、ウンピョウ、マーブルキャット、ジャングルキャット、ベンガルヤマネコなど、絶滅危惧種の猫が生息しており、生物多様性に富んでいる。

 タイの世界遺産には、文化遺産としてバンチェン遺跡、古都アユタヤ、古代都市スコータイと周辺の古代都市群が登録されいる。
【編集:KM】

TOPICS

ジャンル