top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京都の「不安煽らないで」に「煽ってるのは都知事」の大合唱

女性自身

東京都の「不安煽らないで」に「煽ってるのは都知事」の大合唱

「いたずらに不安をあおることはしていただきたくない」

 

東京都で新型コロナウイルスの感染者数が2,848人を記録した7月27日。当時の過去最多となる新規感染者数だったが、『共同通信』によると都の吉村憲彦福祉保健局長は冒頭のようにコメントしたという。しかし、ネットでは「煽ってるのは都知事だろ」との声が相次いでいる。

 

《「不安煽らないで」って都知事が一番不安煽ってた》
《いたずらに不安をあおってきた張本人が小池都知事》
《小池都知事のほうだと思いますよ。こう見た感じ、アラートを発するお仕事しかしてないですよね》

広告の後にも続きます

 

では、小池百合子都知事(69)の言動を振り返ってみよう。新型コロナウイルスが猛威を奮い始めた昨年3月25日、小池都知事は「ライブハウスなどの利用を自粛するように」と発言。しかし、「補償等については、税金を投入することが本当に正しいのか議論があるところだと思う」と続けた。その「自粛を要請しても補償はなし」との姿勢に、飲食業などさまざまな業種が不安を覚える事態となった。

 

その2ヵ月半後となる6月2日、小池都知事は『東京アラート』を発動。しかし感染拡大に対する具体策を発表しなかったため、「都庁が赤色に変わっただけ」との声が日に日に増えていくことに。また7月2日には会見で「“夜の街”要注意」とのボードを掲げたが、《フリップ芸》との揶揄が。さらに「夜の街のスティグマ(差別や偏見に伴う負のイメージ)を助長するのでは」と危惧する声も上がっていた。

 

そして対策が整わないなか、同月15日には緊急記者会見を開き「新型コロナウイルスの警戒レベルを4段階のうち最も高い“感染が拡大している”に引き上げる」と発表したのだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル