top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

智辯学園vs高田商

高校野球ドットコム

 最後、西村が登板。2点差に迫られたが、最後の打者を打ち取り、2大会連続の甲子園出場を掴んだ。

 1年生の時から起用し、小畠の投球内容について厳しく見ていた小坂監督も「初回を除けば良かった。80点ぐらいじゃないですか」と評価していた。

 センバツではベスト8敗退と、負けた明豊戦も本来の実力を発揮できなかった。全国制覇を狙うために各選手の底上げとレギュラー選手の勝負強さを磨いてきた智辯学園。全国でも期待が持てる戦いぶりだった。



合木凛太郎(高田商)

 敗れた高田商は強さを実感できる試合内容だった。これは試合前のノックからになるが、まずボール回しを見ると、ベースよりかなり後ろのアンツーカーの部分から選手が投げている。遠い距離ではあるが、選手たちは勢いのあるボールを投げている。キャッチボールなど基本中の鍛錬から送球の強さを磨いてきたのがよく分かる守備練習だった。

 そして6点を取られた後、高田商の2番手、143キロ右腕・合木凛太郎は勢いに乗る智辯学園打線を封じる。180センチの長身から大きく振り下ろす投球フォームから常時130キロ中盤(最速138キロ)の速球は角度があり、ギアを上げた時のストレートは簡単には打ち返せない。110キロ前半のスライダー、100キロ台のカーブを丁寧に投げ分ける。テンポもよく、何より緩急をついた投球がうまい。智辯学園打線の打ち気をそらすだけではなく、ここぞという場面では強気に速球を投げて詰まらせる投球ができており、想像以上に実戦派だ。

広告の後にも続きます

 速球派というより、最速140キロの速球を投げられる技巧派だろう。結果、7.1回を投げて、1奪三振、無失点。準決勝の天理戦でも4.1回を投げて2失点の好投を見せ、評価を高めている。

 このままいけば、近い将来、多くのスカウトが注目するような投手になるのではないか。

 また、今年のラッキーボーイとして注目されていた東口 虎雅は、まず初回にエラーででて、先制のホームを踏んだ。6回表は、小畠から高めの速球を引っ張り、痛烈な左中間を破る二塁打を放ち、さらに智辯学園の守備側のミスで2点目のホームを踏んだ。高田商ナインは公立校の選手にしてはかなり恵まれた体格をした選手が多いのだが、東口はそんな3年生にひけをとらない体格をしており、スイングも実に鋭く、全国の1年生の中では上位に入る選手ではないか。実力以上に堂々としたメンタリティをしており、8回表には、三塁コーチャーの下に駆け寄って、お尻を叩かれて打席に入るなど、実にキャラがたった選手だといえる。

 守備、走塁、打撃に全てにおいて鍛えられており、天理を破り、智辯学園に接戦を演じるのも十分頷けるチームだった。1年の東口はますます重要な役回りに入ることになるだろう。その時、どんなパフォーマンスを見せるのか、これからも注視していきたいプレーヤーだった。

(取材=河嶋 宗一)




■【トーナメント表】第103回奈良大会の結果
■【レポート一覧】第103回奈良大会
■【レポート一覧】第103回大会

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル