top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大島優子「27歳で結婚したかったのに」林遣都と電撃婚の陰にあった“人生設計の変化”

SmartFLASH

 常に第一線で仕事に奮闘してきた大島だが、実は強い結婚願望も抱いていた。本誌2019年7月23・30日号で、彼女はこう語っていた。

 

「人生設計はありました。27歳で結婚したかったのに、してないけど(笑)」

 

 しかし30代になってからは、人生観に変化が見られるようになったという。インタビューではこんな心境も明かしていた。

広告の後にも続きます

 

「30歳になった瞬間、とても楽になりました(笑)。若さに固執し、『まだ20代だし頑張りたい』と思っていたのが、30歳で、『もう頑張らなくていいのかも?』となったんです」

 

 さらに「ビジョンは漠然とはあるけれど、『かなわなくても、まあ』みたいな感じで、流れに身をまかせています」とも続けた大島。そうして焦らず仕事に打ち込んできた結果、待っていたのが林とのゴールインだったのだ。

 

「林さんも仕事に対してストイックな俳優さんとして知られています。そういう意味でも、仕事に強い責任感を持つ大島さんとピッタリです。連名のFAXでも『この先もお互いを高め合い、寄り添って歩んでいける』と綴っていました。

 

 実際、今回の結婚で2人の俳優としての価値は高まったといえるでしょう。今後は作品やCMなどで、初夫婦共演のオファーが殺到しそうです」(芸能関係者)

 

 冒頭の結婚発表で、《これからも豊かになる時間を届けられるように精進していきたいと思いますので、変わらぬ応援をよろしくお願いいたします》とも続けていた大島。その活躍に、これからも注目が集まりそうだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル