top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

酒井宏樹とトヴァン、“最後”の共演。「何回『ありがとう』と言っても足りない」親友と別れの時【東京五輪】

フットボールチャンネル

酒井宏樹とトヴァン、“最後”の共演。「何回『ありがとう』と言っても足りない」親友と別れの時【東京五輪】

 U-24日本代表は28日、東京五輪のグループステージ第3節でU-24フランス代表に4-0で快勝。出場国中唯一の3戦全勝で文句なしの決勝トーナメント進出を果たした。

 この試合で日本の勝利を引き寄せるゴールも挙げたDF酒井宏樹にとって、東京五輪のフランス戦は「運命的」で特別な試合だった。

「抽選会でフランスと同じグループになって、こうやってまさかオーバーエイジでフロリアン(・トヴァン)が選ばれて、すごくそれだけでも運命的なのに、まさか自分もゴールでとは思っていなかったし、本当にサッカーの神様に感謝しています」

 U-24フランス代表の右ウィングで先発出場していたFWフロリアン・トヴァンは、酒井とマルセイユで5年間ともにプレーしたチームメイトだ。ただ、2人はただのチームメイトにとどまらず、特別な親友の関係でもある。

 今夏、同じタイミングでマルセイユを退団。トヴァンはメキシコ1部のティグレスへ、酒井はJリーグの浦和レッズへ、それぞれ移籍が決まっている。今回の五輪は2人にとって新天地への合流前に同じピッチの上でプレーする最後のチャンスであり、別れの時でもあった。

広告の後にも続きます

 試合を終えた酒井とトヴァンは互いに別れを惜しむようにピッチ上で話し込み、ハグを交わした。「この勝利はしっかりと味わいたいですし…本当に親友との別れなので、最後もしゃべっていて…あまり普段泣かないですけど、すごく泣きそうで…」と取材中の酒井は溢れてくる感情を抑えるのに必死なようだった。

 それだけ親友のトヴァンという存在が酒井にとって特別だったということだろう。

「ただの5年間の同僚じゃなかったので。彼がいなければ5年間も(マルセイユで)プレーすることはできなかったですし、何回『ありがとう』と言っても足りないと思いますけど、思いは伝わったと思います」

 近年、マルセイユはオーナーの交代や財政難など多くの困難に見舞われてきた。酒井やトヴァンといった在籍歴の長い選手たちは、多くの主力が売却または放出を余儀なくされる状況でもクラブに残り、ビッグクラブを支えてきた。

 今回のフランス戦は苦楽を共にした仲間との別れの時。酒井とトヴァンの2人が同じピッチの上に立って戦う機会は、もう2度とないかもしれない。

「マルセイユの経営が厳しい時からの関係だったので、僕らでチームをよくしていったという自負はありましたし、僕とフロー(トヴァン)ともう1人のボランチ(マクシム・ロペス=昨季からイタリアのサッスオーロに所属)がいたんですけど、その3人であればどんな相手でも崩せるような、そういう関係性だった。彼ら2人を失った後は僕も不安定でしたし、やっぱりフローが移籍を決断したのは僕にとって大きなターニングポイントだったので、それも(浦和レッズへ)移籍した理由にはもちろんあります」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル