top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

U-24日本代表、出遅れた男が見せた輝き。絶対的FW・上田綺世の貪欲さがこじ開けたゴールとは…【コラム/東京五輪男子サッカー】

フットボールチャンネル

U-24日本代表、出遅れた男が見せた輝き。絶対的FW・上田綺世の貪欲さがこじ開けたゴールとは…【コラム/東京五輪男子サッカー】

ケガで出遅れた男の「責任」

U-24日本代表は28日、東京五輪(東京オリンピック)男子サッカー・グループステージ第3節でU-24フランス代表と対戦し、4-0で勝利している。6月に負傷し、上田綺世はグループステージ突破がかかる第3戦で先発起用され、ゴールに絡む活躍を見せた。ケガで出遅れたものの、「絶対的FW」と位置付けられる上田は輝きを放っている。(取材・文:元川悦子)
—————————————

 東京五輪グループリーグ突破のかかった28日の第3戦・U-24フランス代表戦。U-24日本代表の森保一監督はU-24南アフリカ代表、U-24メキシコ代表との2戦で奮闘した林大地をベンチ外にし、足の付け根付近の肉離れから復活した上田綺世を1トップに抜擢した。

「(6月23日の)大分トリニータ戦を前にケガをして、リハビリして本大会に合わせようという話をもらった時からそこに向かってきた。焦りはなかった」と言う彼だが、ケガが完全に癒える保証はなかった。

 実際、日本がU-24ホンジュラス代表、U-24スペイン代表と直前テストマッチを消化していた頃はまだ体が重く、フィジカル的にフィットしていない様子だった。昨年からケガを繰り返している選手だけに、再発の恐れも否定できなかった。本人も一抹の不安を抱えていただろう。

 それでも、森保監督の彼に対する信頼は揺らがなかった。22日の初戦で後半27分、メキシコ戦の後半34分から投入し、本番の強度に慣れさせたうえで、この日の先発起用に踏み切ったのだ。

広告の後にも続きます

「僕はこのチームの活動が一番長いですし、今の立場や求められていることに責任がある。それを自分なりに理解して表現できればいい」と本人も語っていたが、3年半積み上げてきた覚悟と闘争心を持って、勝負の懸かる一戦のピッチに立ったのだ。

 強い意欲は序盤から如実に出ていた。上田は前線から積極的にプレスに行き、守備のスイッチを入れる。そして攻撃に転じると前線で屈強なDF陣に体を預けたり、駆け引きしながらスペースに侵入。久保建英や堂安律と近い距離で連携しようという意識も押し出した。

 前半20分には中山雄太の浮き球のクロスを胸トラップし、左足を一閃。これは相手に当たって外に出たものの、スピーディーなアクションでフィニッシュまでスムーズに持ち込めた。「FWはチームを勝たせるのが仕事」と口癖のように言う点取り屋の本領発揮が発揮されつつあったのだ。

貪欲さでゴールをこじ開けた上田綺世

 そんな背番号18の最初の見せ場となったのが、前半27分の先制点のシーン。田中碧の縦パスを受けた久保が、自らと入れ替わった上田に配球。次の瞬間、彼は迷わずペナルティエリア右に侵入し、強烈な右足シュートを放つ。これは相手守護神・ポール・ベルナルドニのセーブに遭ったが、久保が鋭く飛び出してきて左足で押し込み、待望の1点をゲットしたのだ。

「いい感じの縦パスが田中選手から来て、自分の上田選手へのパスは少し短くなってしまったけど、こぼれ球をうまく決められた」と3戦連続ゴールの背番号7は効果的な流れを振り返っていたが、上田にはパスが短かろうが長かろうが関係なかった。一目散にゴールに突き進む姿勢を五輪の大舞台で表現することが全てだったのだろう。もちろん本人的には決め切りたかったはずだが、得点に直結する仕事ができたのは悪くない。3戦目にしてやっと「自分は大会に参加している」という実感を抱けたのではないか。

 7分後の2点目も上田の貪欲さがこじ開けたゴールと言っていい。旗手怜央がいったんタメて落としたボールを久保が縦に出し、プルアウェイの動きで抜け出したのが背番号18だった。彼は体を反転させながら左足を一閃。これもまたGKベルナルドニに防がれたが、右から詰めていた酒井宏樹が難なく押し込み、2-0とリードを広げる。

「絶対的FW」の賢さと戦術眼

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル