top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【東京五輪】大橋悠依が2つ目の金メダルを獲得、 女子競泳で二冠は初! 体操男子の橋本大輝は個人総合で逆転金メダル

TOKYO HEADLINE

 東京オリンピック第6日となる28日、日本は金メダル3つ、銀メダル1つを獲得、日本のメダルは金13、銀4、銅5で、トータル22に達した。

 金メダルのひとつは、競泳女子200メートル個人メドレーの大橋悠依。

 大橋は、背泳ぎで前に出ると、アメリカのウォルシュらと接戦を繰り広げながらポジションを守り、フリーで順位をあげて、トップでゴール。笑顔でVサインを作った。

 大橋は400メートル個人メドレーに続き、2個目の金メダルを獲得。競泳女子史上で二冠は初。大橋は接戦になると予想してメダルは難しいのではと思っていたというが、「女子で二冠というのは初めてなのですごくうれしい」とキラキラした笑顔を振りまいた。

 競泳男子では200メートルバタフライで、19歳の本田灯が初めてのオリンピックで自己ベストを更新して銀メダル。競泳男子に初のメダルをもたらした。「自分の思い通りのレースができたのでうれしいです」と、本田。
 

広告の後にも続きます

 柔道女子70キロ級の新井千鶴も五輪初出場で金メダル。決勝では、オーストリアのミヒャエラ・ポレレスに技ありで勝利した。新井は「うれしいです、そのひと言でした」。準決勝は16分におよび、ロシア・オリンピック委員会のマディナ・タイマゾワに1本勝ちした。

 体操男子橋本大輝は個人総合で金メダル。床運動、あん馬で高得点をマークし首位となるも、4種目の跳馬で着地が乱れるなど順位は4位まで後退。平行棒で3位に戻し、得意な鉄棒で逆転した。金メダルが確定すると体をそらせて大きくガッツポーズし、喜びを爆発させた。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル