top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

工藤政英が3年越しの悲願達成。逆転KO勝ちでついに初防衛に成功【RISE151】

TOKYO HEADLINE

先にダウンを奪われるも3つのダウンを取り返す

「RISE151」(7月28日、東京・後楽園ホール)のメインイベントで行われた「RISEフェザー級タイトルマッチ」で王者・工藤政英(新宿レフティージム)が竹内将生(エイワスポーツジム)を1R1分48秒、KOで下し、初防衛に成功した。

 工藤は2018年6月に森本“狂犬”義久を破り王者となったものの、その後はワールドクラスの相手との対戦が組まれるなどタイミングが合わず、本人の意思に反してなかなか防衛戦が組まれない状況が続いていた。気が付けば約3年。本人からは「王者は初防衛してこそ王者。でも3年くらいなぜか長期政権を築いている。防衛戦をやっていないので(笑)」という自虐コメントも出るほど。

 挑戦者の竹内はBigbangフェザー級、MAスーパーバンタム級、元J-NETWORKバンタム級王者。昨年11月からRISEに参戦し、今年1月の門口佳佑との次期挑戦者決定戦で勝利を収め、今回の挑戦にこぎつけた。

 試合は1Rのゴングが鳴りグローブを合わせるとすぐに竹内がワンツーで仕掛けていく。ジャブとローを返した工藤だったが、竹内は一気に踏み込んで右ストレートを打ち抜くと工藤は早くもダウン。

 立ち上がった工藤に竹内は一気にラッシュをかけるが、工藤はがっちりとガードを固める。もともとムエタイスタイルの竹内は首相撲からヒザを連打してしまい注意を受ける。RISEルールではワンキャッチワンアタックとなっている。

広告の後にも続きます

 再開後、竹内のヒザに工藤が右フックを合わせダウンを取り返す。立ち上がった竹内はまたもパンチのラッシュ。しかし工藤はここもがっちりとガードを固めると、竹内の一瞬のスキを突き右ストレートで2度目のダウンを奪う。

「ようやく初防衛ができました」

 マットを叩き悔しがる竹内。立ち上がるとここでもパンチのラッシュ。工藤もこれに応え、最後は竹内の左フックに右フックを合わせ3度目のダウンを奪い逆転のKO勝ちを収めた。

 工藤は試合後のマイクで「1Rから来るとは思っていなかったので、竹内選手のこのベルトにかける意気込みを感じました。竹内選手がいたからこういう試合になったと思います。ありがとうございます。タイトルを獲ってから3年、初防衛戦をしていないのに3年間の長期政権を築くというファンタジスタだったんですが、ようやく初防衛ができました。この初防衛を目的に頑張ってきたので、次にやりたい選手とか決まってないので、会長と相談して今後の展開を決めたいと思っています」と語った。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル