top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【オフィシャルレポート】Ryuji(佐藤流司)×HAKUEI(PENICILLIN)=The Brow Beat、7月7日のメジャーデビュー日にオンラインライブを開催!次回LIVEのチケット先行販売も決定!

2.5news

7月7日にメジャーデビュー・シングル「ハレヴタイ」をリリースしたThe Brow Beat。発売当日の夜、池袋harevutaiでリリース記念のオンラインファンミーティング『「満点の星空の下のソーシャルのディスタンスの」のエピソード1〜メジャーデビューした七夕の夜のW彦星の君の、、、〜』を開催した。

オンラインファンミーティングは、RyujiとHAKUEIの軽妙なトークから幕を開けた。「ハレヴタイ」のリリース日であり、生放送の日が7月7日の七夕。2人は彦星となり、この日を心待ちにしていた人たちへ想いを届けに、天の川から降りてきた。と言っても、2人の彦星は年に1回ではなく、年に何度も逢える身近な存在なので、ご安心を。

本イベントは、#鳴風 のアコースティックギターの演奏を従えたライブ演奏を間に挟みながら、これまでのThe Brow Beatの歩みを振り返るように2人が話を進めていく。この日は、メジャーデビューしたことを、観ている人たちもThe Brow Beatの一員として共に喜び、これから一緒に突き進んでいく。その決起会として開催していることも2人は語っていた。

まずは、1stアルバム『ラグナロク』の話から。背景に映し出された写真を見て「懐かしい」と言いながら、想い出を振り返りだした。アルバムタイトルが決まった理由について、HAKUEIが「ラグナロクとは神話に出てくる用語で、神々の最終戦争が地球上で起こり、一度人類がリセットすることを意味している言葉。それくらい大胆な気持ちでThe Brow Beatが”破壊と再生”をテーマに活動していくんだという想いを込めて名付けた」と語っていた。Ryujiは、「Rからタイトルが始まったことが嬉しかった」とも述べていた。他にもHAKUEIは、「神々の戦争と共にRyujiが誕生」「最強の存在」「まさにThe Brow Beatはラグナロクを起こす」と、次々と熱い言葉をぶつけていた。

当時、MVを1日で3曲分撮影という、凄まじいスケジュールで行なったことも告白。HAKUEIがやりたかったワンカットでの撮影を「unlost」で実施したとも語っていた(後に、アルバムごとにワンカットMV撮影が恒例になる)。これも、Ryujiの役者としての表現力があれば安心と判断してのこと。「アイリス」のMVで、幕を降ろしているのはHAKUEIだったことも、裏エピソードとして語っていた。

広告の後にも続きます

ここで、『ラグナロク』のオープニングを飾る「アイリス」の演奏へ。ゆったり、しっとりとした演奏に乗せRyujiが歌いだすが、予定より2拍早く歌いだし、やり直す場面も。さらにHAKUEIが、2回目の演奏でもわざと2拍間違えて歌いだし(そもそも歌いだしはHAKUEIではない)、アクシデントを次々と笑いに変えていく。三度目の正直で歌いだした「アイリス」は、RyujiとHAKUEIの優しい歌の掛け合いからスタート。2人の歌声が聴いている人たちの胸に染み渡る。だが、2人の気持ちが次第に高まりだすにつれ、いつしか穏やかなアコースティックギターの演奏へ熱情した歌声を乗せていた。2人の感情的な歌声が重なりあったときの胸打つパワーに、有り余るほどの熱意と熱情を感じずにいれなかった。

2ndアルバム『Hameln』の話では、アルバムのSEはもともと日比谷野外音楽堂でのライブの登場SE用として制作。「レトロなサーカス小屋に来たようなダークファンタジーな要素を持った曲として作った」とHAKUEIが語っていた。曲中で語っていた英語の言葉は、Ryujiみずからの語り声。Ryujiいわく「Rの発音に注目」とのこと。「ハーメルンの笛吹き男」の粗筋を英語で語っていたことも教えてくれた。

Ryujiのヴィジュアルは白馬の王子様設定。HAKUEIは、王子を導く存在としての姿だったことを種明かし。当時のThe Brow Beatは、もの凄い速度で進化。それについていくのが必死だったこともRyujiは語ってくれた。

また、Ryujiが、The Brow Beatはツインボーカルのバンドで活動していくものだと思っていれば、HAKUEIは、Ryujiのソロボーカルバンドだと認識。その気持ちのすれ違いを補正するように生まれたのが、ツインボーカル・ナンバーたち。アルバム『Hameln』では、最初に「光のアルペジオ」をツインボーカル曲として作成。だが、その後に生まれた勢いあふれる「Snow White」が今のThe Brow Beatのツインボーカル曲に相応しいという理由から、「光のアルペジオ」はRyujiがソロで歌う曲になった裏話も語ってくれた。そのうえで歌ったのが、「光のアルペジオ」。 ここでは幻になったツインボーカルスタイルで届けてくれた。

軽快に駆ける演奏へ、Ryujiが心地好く身を預けながら歌いだした。その勢いを受け継ぐように、HAKUEIも声を張り上げ歌いだす。2人の歌声は、感情のボリュームをどんどん上げていく。2番ではHAKUEIが哀愁を帯びた声を響かせれば、Ryujiも、そのテンションを受け継ぐ形で胸の内から沸き上がる想いを声にして歌っていた。お互いの感情のを起伏をチューニングしながら、そのときの雰囲気にあった歌声に変えて歌っていく。その歌声は光を放つ様にも見えれば、その輝きが、観ている人たちの心に光を降り注いでいった。

次に3rdアルバム『Adam』について、HAKUEIが「名作です」と断言。「だんだんとThe Brow Beatの武器や特徴を自分たちでも理解して、それを、より攻撃力の高い武器にして作り上げたのが、『Adam』というアルバム」とHAKUEIが語れば、Ryujiが「アダムとイブが誕生したところからさかのぼるように現代までを語る」というアイデアを提案。その難しいテーマをHAKUEIが具現化していったことも伝えていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル