top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

和歌山でトルコ建国の父が「領域展開」 圧倒的な星空に吸い込まれそう

Jタウンネット

「領域展開した和歌山の星空を見てほしい」

そんなコメントとともに投稿された星空の写真が、ツイッターで注目を集めている。

いくつもの白い環が同心円状に広がっている。動き続ける星の軌跡を捉えたものだ。

その中心には、馬に乗った人物の人差し指が。まるでその指から光が広がっているようである。

こちらは、ツイッターユーザーの関岡大晃さんが2021年7月25日に投稿したもの。

この光景を漫画「呪術廻戦」に登場する戦闘技術「領域展開」というコトバで表現したところ、

「かっこいいなあ」
「吸い込まれそう!」
「呪霊操術 極ノ番 うずまき」

広告の後にも続きます

といった声が続々と寄せられている。なかには漫画「NARUTO-ナルト-」の「輪廻眼」を彷彿とさせたという声も……!

Jタウンネット記者は28日、撮影者の関岡さんに詳しい話を聞いてみた。

4時間半かけて撮影

関岡大晃さんは、大阪府在住で、会社員の20代男性。

話題の写真は和歌山県最大の島・紀伊大島(串本町)で3月に撮影したものだという。

24ミリレンズで4時間半かけて撮影したデータを合成し、「領域展開」した星空を作り上げた。カメラを同じ場所に置いたまま30秒ごとにシャッターを切り、約1000枚にも及ぶ写真を編集ソフト「Photoshop」上で「比較明合成」することで、グルグルとした星の軌跡を1枚の写真で表現したそうだ。

改めて写真を見ると、その中心に吸い込まれそうである……!

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル