top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2cmにも満たない小さなカエルの手術に成功

カラパイア

top
image credit:Instagram

 さまざまな種類の動物の治療にあたる獣医師の中には、ペットの犬や猫はもちろん魚の手術までやってのける医師もいたりするのだが、今月初めオーストラリアでとても小さいアマガエルの手術を成功させた獣医師が話題になっている。

 体長2cm足らずのこのカエルは、英国動物虐待防止協会(RSPCA)の所属施設内で発見されたとき、胸に小さな穴が開いていることがわかった。

 スタッフはカエルを救うため、施設内にある野生動物病院の獣医師の元へ連れていったところ、すぐに縫合手術が行われた。

 自然と動物をこよなく愛するバロー獣医師は、これまでの経験をもとに工夫を凝らして手術をすすめ、アーモンドサイズのカエルの手術をみごと成功させたのだ。

体長2cm足らずのカエル。過去最小の患者を手術した獣医

 2cmたらずの小さなアマガエルの手術を行ったのはオーストラリア、クイーンズランド州ブリスベンの英国動物虐待防止協会(RSPCA)クイーンズランド支部の野生動物病院に勤務しするミーガン・バロー獣医師だ。

 RSPCAの方針に基づき、これまでも大小様々な野生生物の手術や治療経験を積んできた彼女だが、今回のカエルは今までの患者の中で一番小さく、器具や手術方法についていろいろと頭を悩ませた。
この愛らしいアマガエルは私が今まで担当した中で最も小さい生き物でした。体長は2cmより小さく、体重も0.5g未満。本当に小さな小さなカエルで、私の指先にちょうど良く乗るくらいです

22_e
image credit:Meaghan Barrow

葉っぱの上にいたカエルにしこり?よく見たら胸に穴が

 このカエルはRSPCA施設でたまたま発見されたのだが、その時に体に異常が見つかった。
外からコアラに食べさせる葉を調達してきた看護師が、その葉の上にいる彼を発見して、その体にしこりのようなものがあることに気づきました。それで心配そうに私の所に連れて来てくれたんです。

よく見ると、それは胸のあたりに開いた小さな穴でした。ほんの数mmでしたが、2cmほどのカエルにとってはかなり大きなものです
 看護師がしこりと思ったのは胸部に空いた穴から突き出た肺と腸だった。つまりカエルはひどい重傷だったのだ。
23_e
image credit:Meaghan Barrow

カエルの皮膚はとてもデリケート。繊細な縫合手術

 治療するべき場所はわかったものの、実際に手術するとなると大変だ。

 バロー医師はカエルの手術は初めてではなかったが、それだけに両生類の扱いの難しさを知っていた。加えて今回は極小サイズのため、いつもと違う配慮をしたり特殊な器具を用意して手術に挑んだ。
彼はとても小さかったので注意が必要でした。私たちは大きな生き物の治療に慣れてしまってますから。

そこでまず麻酔をして十分な鎮静状態を保つことにしました。彼を無感覚にして眠らせる薬の量はごくわずかで十分です。なので予め麻酔の濃度を1,000分の1に希釈しなければなりませんでした。

手術の際も同じで器具はもちろん針も縫合糸もとても小さいものを用意して使いました
 中でもとりわけ難しかったのは手ブレを抑えることだ。小さなカエルの体に開いた小さな穴を縫合する時は、ごくわずかな指の動きにもかなり気を使った。
彼の皮膚はかなり薄かったです。皮膚呼吸するカエルなどの皮膚は基本薄くてデリケートなんですが、今回は本当に難しかったです

21_e
image credit:Meaghan Barrow

翌日には元気になり体の色も復活!やりがいを感じたバロー医師

 バロー医師は溶けるタイプの縫合糸を1本使い、穴を塞いで手術を終えた。するとカエルは翌日に跳ね回るほど元気になり体色もきれいな緑色に戻ったという。
彼らは手術や怪我で体が茶色になることがあります。でもこのカエルはすぐに明るい緑色を取り戻して見るからに元気を取り戻したようです

14
image credit:Meaghan Barrow

 術後のカエルは小さなミールワームの餌と鎮痛剤と抗生物質を与えられながら順調に回復し、一週間後に再び野生に放たれた。

 かくして美しい緑色の体を持つ小さなカエルと過ごした時間はほんのわずかだったが、試行錯誤で彼を救えたことは、野生動物を愛するバロー医師にとっても誇らしくこれからの治療にも役立つ良い経験になった。
獣医は非常に多種多様な動物の扱いを学びます。そのため順応性はなくてはならない資質で、犬や猫、あらゆる種に適用できるスキルを試す必要があります。
この投稿をInstagramで見る

Meaghan Barrow(@meaghanbarrow)がシェアした投稿

 困難に直面した生物を救う機会を与えられた獣医という仕事は本当にやりがいがあると語るバロー医師。

 手乗りならぬ指乗りサイズのカエルを手術で救った彼女のエピソードは、ネットを通じてたくさんの人々の心を和ませてくれたようだ。

References:abc / goodnewsnetworkなど /written by D/ edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル