top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「宿が無くて困っていると、初対面のおばあさんが『うちに泊まってけ』。翌朝、お礼を渡そうとすると…」(神奈川県・40代男性)

Jタウンネット

日帰り旅行の予定だったけど、急遽現地で一泊していくことにした──。

旅行好きの読者の中には、こんな経験がある人もいるのでは。

しかし、当日にいきなりでは、宿が見つからないことも。

どうしようかと悩んでいると、現地で出会った地元民にが、自宅に泊まるよう提案してくれて……。

コロナ禍でなかなか旅行に行けない今、かつての楽しい思い出を振り返ろうとJタウンネットが「旅先でのいい話」を募集したところ、神奈川県の40代男性T介さん(仮名)から、そんなエピソードが寄せられた。

広告の後にも続きます

それは今から20年前のこと。T介さんは3連休を迎えていた。

朝起きて「さて何をしようか」と考えていた彼は、前の晩テレビでやっていた京都の特番を思い出し、日帰りのつもりで新幹線に飛び乗った。

T介さんが体験した、心温まる旅の一幕をご覧いただこう。

「そんなんが欲しくて泊めたんじゃない」

「当時住んでいた静岡県からは約2時間半位の距離だったと覚えています。乗車した新幹線は各駅停車のこだま。道中の駅で飲み物と弁当を買って、車内では景色を眺めながらぼーっとして、気が付いたら京都手前でした」(T介さん)

京都に着き、特に目的もなくブラブラと散策していたT介さん。お昼前に清水寺方面に行き、三年坂などの賑わいを楽しみ、せっかくだからと清水寺を参拝することに。

「そんな事をしていたら、時刻は夕方。連休だからと思いつきで泊まる事にし、宿泊先を探すことにしました。が、GWと重なっていたためどこも満室でした」(T介さん)

このままでは今晩は野宿かも、とT介さんが困り果てていると……。

「立ち寄った土産物店のおばちゃんに泊まるところがあるか聞いたら、『あんた、泊まるとこないのか? だったらうちに泊まってけ。ここは私一人しかいないし、使ってない部屋があるから』と言われました。
人の良さそうな70代くらいの女性で、最初はいきなりで抵抗がありましたが、話をしているうちに打ち解けてお邪魔させていただくことにしました。私も人懐っこい性格なため、打ち解けるまでにそう時間はかかりませんでした」(T介さん)

T介さんが女性の家に上がらせてもらうと、なんとお風呂や夕食なども準備してくれたという。

「何か申し訳なく思って手伝おうとすると、逆に怒られてしまいました。その日はおばちゃんと遅くまで話をしたのを覚えています。
翌朝は味噌汁の匂いで目が覚めました。なんとも言えない懐かしく感じる家の匂い、朝の静かな感じ。何とも言えない感じでした」(T介さん)
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル