top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

1歳児と一緒に食べる!大人もうれしい簡単1週間献立

たべぷろ

仕事が終わり、帰宅してからの夕ご飯。大人だけならお惣菜や一品料理でもなんとかなりますが、子供が小さいと準備が大変! 特に1歳児の幼児食を大人の食事と別々に作ることは難しいですよね。とはいえ、毎日子供にあわせたメニューばかりというのも…。ここでは「ひと手間」で大人と子供の作り分けるコツをご紹介します。ポイントは冷凍品や缶詰などの常備食材をうまく取り入れること。困ったときのもう一品で、大人も子供も大満足の食卓にしましょう!

冷凍+冷蔵+常温で! 安心の常備食材

冷凍したり、冷蔵庫や食品棚に入れておいたり…用意しておくだけで安心の常備食材たち。「ちょっとおかずが足りないな」というときに子供のお皿に加えれば、栄養も補填してくれます。準備も簡単な常備食材と活用のバリエーションを、保存方法別に3種類をまとめました。

【冷凍】トマト・きのこ・青菜・かぼちゃ・ニンジンご飯

買ってきたミニトマトやきのこ、青菜を切って冷凍しておけば、自家製冷凍野菜のできあがり。そのまま味噌汁の具にしたり、レンジでチンして味付けしたりするだけで立派なおかずに。

かぼちゃや青菜は茹でて冷凍しておくと、自然解凍だけで食べられます。炊飯にニンジンを入れて炊くだけのニンジンご飯は冷凍ストックしておくと、野菜が足りない日も安心ですよ!

【冷蔵】納豆・豆腐・うどん

子供の成長に欠かせないタンパク質。納豆や豆腐などの大豆製品は積極的に食べさせたいですよね。納豆には細かく刻んだオクラやごま、塩昆布などをいれても。

広告の後にも続きます

また、冷蔵庫にうどんがあれば、大人の食事を調理の途中で取り分けて具にしてあげるだけで栄養満点の一品に。子供も大好きなうどんは、疲れた日のお助け食材です。

【常温】ツナ缶・鰹節・ごま

魚を食べさせたいけれど、煮たり焼いたりするのは面倒、というときはツナ缶がおすすめです。塩分が気になる場合は水煮缶を。普通のツナと同じように使えるのに油分がないので、大人のダイエットにも大活躍です。

ごはんに混ぜてツナおにぎりにしたり、スライサーで小さくしたニンジンや大根とあえてサラダにしたり。鰹節やごまは野菜やごはんと混ぜるだけで、風味豊かになりますよ。

疲れた日は幼児用の市販品も活用!
幼児に食べさせたい野菜を使った「やさいとなかよし」

常備食材で、大人も子どもも大満足な1週間夕飯献立

常備食材を使って、簡単につくれる幼児食の献立を1週間分ご紹介します。手軽なだけでなく、「ひと手間」加えるだけで大人の食事も一緒に用意ができます。

いつもは子供の好みにあわせたメニューばかりのママも、本当は別のものが食べたいときもありますよね。その日の気分や都合にあわせて、子供用と一緒に用意できる大人の献立アイデアも併せてお伝えします。

<月曜日>子どもも大好きなうどん! 納豆とごまで風味豊かに

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル